加速するビジネス環境の変化 いま企業が取るべき対応策とは?

 2022.05.25  デジタルトランスフォーメーションチャンネル

激動の時代に企業が成長を遂げるには、時々刻々と変わるビジネス環境に対応する力を身につけ、それを強化していくことが重要です。本記事では、ビジネス環境に変化をもたらす要因としてどのようなものがあるかを紹介し、企業がとるべき環境変化への対応策とそのポイントについて解説します。

加速するビジネス環境の変化 いま企業が取るべき対応策とは?

流通・小売業のデジタル化を加速させる Intelligent Retail ソリューションガイド

ビジネス環境の変化はなぜ加速しているのか?

ビジネス環境の変化は、今なぜ加速しているのでしょうか。その主な要因としては、以下の3つが考えられます。

要因1. デジタルテクノロジーの発展

第1の要因は、デジタルテクノロジーの発展です。AI(人工知能)、ビッグデータ、クラウド技術、IoT(インターネット・オブ・シングス)など様々なデジタル技術が急速に発展を遂げ、これまでにはなかった新商品やビジネスモデルが次々と誕生しています。発展を続けるデジタルテクノロジーにすばやく順応することは、競争力の大きなビジネスを企業が展開するうえで、今後ますます重要になるでしょう。

要因2. 新型コロナウイルスの流行

第2の要因は、新型コロナウイルスの流行です。新型コロナウイルスのパンデミックは、パンデミック以前には当たり前とされていた、人々の働き方やコミュニケーション手段を一変させてしまいました。感染を抑えて医療崩壊を防ぐために、人々は外出を控えて三密を避けることを求められ、人や物に触れない非接触が推奨されています。

飲食店での会食や飲み会が禁止されたことで、交流を深める場として、オンライン飲み会の開催が一般的になりました。また、働き方についても、出社不要で人間どうしの接触が避けられる、リモートワークの推進や顧客接点のオンライン化が要求されています。

要因3. 消費者ニーズの多様化

第3の要因は、消費者ニーズの多様化です。スマートフォンやタブレットなどデジタルツールの普及によって、実店舗に足を運ばずにオンラインショップで購入するというように、人々の消費行動が大きく変化してきています。その一方で、日本の人口の一定割合を占める、デジタルツールをあまり活用しない高齢者層の消費行動も無視できません。

消費者ニーズが多様化する背景には、サステナビリティなどの社会問題や環境問題に対する意識の違い、共働き世帯の増加、団塊世代やミレニアル世代といった世代による価値観の差などもあります。

求められる変化への適応、成否を分ける要因とは?

ビジネス環境の変化に対応できずに業績を悪化させ、倒産に追い込まれる企業が出る一方で、この変化をチャンスと捉えて成長を遂げる企業もあります。コロナ禍というビジネス環境の著しい変化は、企業の対応力の差を浮き彫りにしました。

コロナ禍という事態に直面しても企業文化を変えることができずに、書類への押印や対面販売、客先常駐など、従来と同じ仕事のやり方を続け競争力を著しく落としてしまった企業がある一方で、ITインフラや就業規則等を速やかに変更し、デジタルトランスフォーメーション(DX)に着手して経営危機を乗り越え、競争力を高めることに成功した企業も多数存在します。

デジタル競争で勝ち残れるイノベーション意識を持った企業には、変化に対して柔軟に適応でき、かつ対応スピードも速いという特徴があります。

コロナ禍が引き起こした大きな変化は、常に起こり得る変化のひとつにすぎません。このような「変化」に対する意識の差や企業文化の変革への姿勢が、企業の成否を分ける要因として考えられるでしょう。

企業が取るべきビジネス環境変化への対応策

それでは、企業が取るべきビジネス環境変化への対応策には、どのようなものがあるのでしょうか。ここでは、データドリブンな意思決定とアジリティ強化という2種類の対応策に着目します。

経験や勘に頼らないデータドリブンな意思決定

経験、勘、度胸などに頼らないデータドリブンな意思決定は、環境変化への対応策として非常に効果的です。データドリブンとは、データに基づいて物事を行うことを指します。情報化社会において、現代の多様な価値観に対応して商機を逃さずにビジネスを展開していくには、経験や勘という一元的なアプローチだけでは難しいというのが現実です。そのため、データドリブンという概念を取り入れ、収集したデータに基づく客観的で効率的な意思決定を速やかに行うことが重要です。

組織が変化を受け入れて、データドリブンな経営手法を採用すれば、ビッグデータの分析に基づいて変化する顧客ニーズを的確に捉えられるようになるでしょう。そうなれば、多くの人々のニーズにマッチした商品を開発して、ヒット商品を生み出せるかもしれません。また、リアルタイムの売上データを取得して、状況を見ながら戦略を立てていくことができるので、効率的で無駄のない経営につなげやすくなるでしょう。

データドリブンな経営を進めるには

それでは、実際にデータドリブンな経営を進めるには、どのようにすればよいのでしょうか。

具体的な進め方としては、最初に社内に存在するデータをすべて収集します。データドリブンな経営に欠かせないデータが社内に存在しない場合には、POSシステムや顧客管理システムなど必要なシステムを導入して、まずはデータを取得しなければなりません。

データの収集が終わったら、異なるシステム上にあったり形式が異なったりするデータを、社内のどの端末からでも扱えるように統合します。また、データの所在をいちいち探さずに済むように、データを一元管理します。

次に、統合済みのデータは、ビジネスインテリジェンスツールやデータマネジメントプラットフォームなどのツールを用いて見える化し、分析を行って、戦略を立てるための材料として活用します。データドリブンな経営には、データの活用に向けたDXの推進も不可欠です。

そして、データに基づいて戦略を立てたらそれを実行に移し、その結果について検証を行って改善し、改めて戦略を立てるというようにPDCAサイクルを回し続けます。

不確実な時代を生き抜くためのアジリティ(機敏性)強化

企業が取るべきビジネス環境変化への効果的な対応策として、不確実な時代を生き抜くためのアジリティ(Agility=機敏性)強化も大事です。

アジリティとは、俊敏性や機敏さを意味する言葉ですが、経営関連ではビジネス環境の変化に素早く対応する力という意味で用いられ、注目されています。

アジリティの強化は、掲げた目標に到達するスピードを強化することにとどまりません。目標を明確にできない不確実な状況でも素早く的確な判断を行って行動できるように、対応力を強化することが必要です。

企業のアジリティを強化するには

企業のアジリティを強化するには、すべての従業員が、企業のビジョンを明確にして組織全体で共有するとともに、組織を取り巻く環境や現状についても正しく把握していることが求められます。また、現行の業務プロセスの見直しや、経営方針を的確に社内通達する環境が必要となるでしょう。さらに、意思決定に時間がかかるピラミッド型の組織構造を改め、意思決定の権限をチームメンバーに与えたり、「スモールスタート」や「トライアルアンドエラー」を会社として受け入れていったりするような風土も大切です。そして、従業員たちが意思決定の権限を与えられたときに誰もが正しい判断ができるように、社内全体で誰一人取りこぼさない、しっかりとしたコミュニケーションを取る必要があるでしょう。

まとめ

デジタルテクノロジーの発展、新型コロナウイルスの流行、消費者ニーズの多様化などビジネス環境が著しく変化するなか、マイクロソフト製品はデータドリブンな意思決定とアジリティ強化に大きな付加価値をもたらします。それにより、企業は変化への対応力と競争力強化をさらに確固たるものにしていけるでしょう。


RELATED POST関連記事


RECENT POST「小売業」の最新記事


小売業

ヘッドレスコマースとは?次世代ECの概要やメリットをわかりやすく解説!

小売業

店舗スタッフ・小売業の働き方改革のポイントは? 店舗での導入事例も紹介

小売業

CSR経営について必要な理由から課題やポイントまで解説

小売業

農業DXとは?概要やスマート農業との違い、取り組む方法を紹介

加速するビジネス環境の変化 いま企業が取るべき対応策とは?
流通・小売業のデジタル化を加速させる Intelligent Retail ソリューションガイド

RANKING人気資料ランキング

RECENT POST 最新記事

ブログ無料購読
クラウド実践チャンネル
BizApp チャンネル
New call-to-action

RANKING人気記事ランキング

関連サイト

サイト掲載へのお問い合わせ