スポーツにおけるAIの活用方法とは?AI導入のメリットや事例を紹介

 2022.09.29  デジタルトランスフォーメーションチャンネル

製造工場での検品や医療分野における画像認識など、さまざまなシーンでAIが活用される時代となりました。近年では、スポーツ分野においてもAIの活用が進んでいます。本記事では、スポーツにおけるAIの活用方法や導入するメリット、実際の事例などを解説します。

スポーツにおけるAIの活用方法とは?AI導入のメリットや事例を紹介

New call-to-action

AIとは?

AIとは、Artificial Intelligenceの略であり、日本語では人工知能と訳されます。明確な定義は存在しないものの、一般的には人間と同じような学習能力を有する、人工的に作られた知能と認識されています。

近年、日本においてもさまざまな分野でAIの活用が進んでいます。AI自体は最近の技術ではなく、1950年代から研究されていました。AI市場も拡大し続けており、少子高齢化に伴う労働人口の減少が問題となっている日本においては、今後AIの活用がますます広がると考えられています。

AIによるスポーツ業界の影響

AI技術とスポーツの組み合わせにより、選手情報を容易に取得できます。また、AIが過去のデータを分析することで会場がどれほど混雑しそうかを予測できるため、観戦者の利便性が向上するほか会場運営者も適切な運営を行えます。

選手情報の取得が容易になる

AI技術の活用により、選手のより詳しい情報を容易に取得できます。現在でもインターネットと端末を利用すれば選手情報は入手できますが、AIを活用することで求めるタイミングでよりスピーディーに取得できるため、観戦者は従来と異なる楽しみ方が可能です。

また、選手がプレーしている映像をAIが解析し、アニメーションデータを生成できるツールも登場しています。テキストだけの選手情報ではなく、映像コンテンツとしてのデータを取得できるため、新たな観戦体験ができます。

会場の混雑状況の把握・予測が可能になる

AIによる過去データの分析により、会場の混雑状況を予測できます。混雑状況を事前に把握できれば、それにあわせた行動ができるため、スポーツ観戦者の利便性が高まります。また、会場運営者も、混雑予測にあわせて警備の人員を増減する、配置を変更するなど適切な対応を行えます。

2021年の東京オリンピックでは、AI技術を搭載した混雑緩和システムが活躍しました。大勢の方が会場へ足を運ぶことにより会場周辺が大混雑するおそれがあったため、混雑の緩和を狙ってシステムが導入されました。

AIをスポーツに活用するメリットとは?

AIをスポーツに活用することで、選手の情報をリアルタイムで数値化でき、コンディションを正確に把握できます。また、会場や周辺の混雑を予測することで適切な対応が可能となるほか、スポーツにおける緻密な戦略の立案にも役立ちます。

選手の情報をリアルタイムで数値化

選手のコンディション情報をリアルタイムで数値化できる点がメリットです。選手が最高のパフォーマンスを発揮するには、コンディションがベストな状態で競技に臨む必要があります。

しかし、コンディションの良し悪しは見た目だけで判断しにくい問題があります。また、本人が感覚的に問題ないと感じていても、実際には何かしらトラブルが発生している可能性も否めません。

ウェアラブルデバイスで選手の情報を収集し、AIで分析すれば、コンディションの数値化が可能です。数値に基づく客観的なデータを抽出できるため、選手のコンディションを正確に把握できます。

会場の混雑状況を予測

AIが過去のデータを分析することで、会場や周辺の混雑状況を予測でき、観戦者の利便性向上や運営者の適切な対応につながります。

会場や周辺が酷く混雑すると、観戦者が試合開始に間に合わないかもしれません。また、会場内が混雑することで子供が迷子になる、転倒してケガをするといったリスクも発生します。

会場や周辺の混雑状況をあらかじめ予測できれば、このようなリスクを回避できます。もっとも混雑しそうな場所の警備スタッフや案内スタッフを増員するなど、リスク回避につながる行動を起こせるためです。

綿密な戦略の立案

スポーツで勝利するためには、緻密な戦略も欠かせません。個人競技であっても、選手とサポートするスタッフが一丸となり、戦略を組み立てたうえで競技に臨みます。

AI技術を用いれば、勝利に近づけるより高度な戦略を組み立てられます。対戦相手やチームの情報をAIが分析すれば、どのようなアクションを起こすのか予測が可能となり、戦略の立案に役立ちます。

従来は、選手本人やチームの監督、コーチなどが戦略を立案していました。しかし、経験や勘に頼った戦略には根拠がありません。一方、AIを活用すればデータに基づいて分析を行えるため、説得力のある戦略を立案できます。

スポーツにAIを導入した事例を紹介

さまざまな業界においてAIが活用されていますが、スポーツ界も例外ではありません。画像判定によるジャッジやトレーニングメニューの策定、チケット価格の調整などにおいてAIが活用されています。

画像判定による公平なジャッジ

体操や野球、テニスなどの競技において、AI技術を活かした画像判定のシステムが導入されています。野球やテニスなどの球技は、ボールの速度が速いため人間の目では追いきれません。そのため、これまではミスジャッジが発生するケースも少なくありませんでした。

ミスジャッジは選手だけでなく、応援している観戦者のモチベーションも低下させます。ジャッジに対する不満も高まるため、近年ではスポーツにAI画像判定システムを導入するケースが増えています。

システムの導入により、従来より高精度なジャッジが可能になりました。ヒューマンエラーによる誤審も回避でき、誰もが納得いくジャッジを行えるのが魅力です。

選手の状態からトレーニングメニューを策定

トレーニングメニューを作成してくれるアプリやツールもリリースされています。たとえば、あるトレーニングマシンの専用アプリは、体重やトレーニング回数などの情報を入力するとAIが分析し、最適なトレーニングメニューを導き出してくれます。

また、トレーニングメニューを提示してくれる、AI搭載のスマートウォッチもあります。選手の体力にあわせたトレーニングメニューを提示するため、無理のないトレーニングが可能です。

需要に応じてチケットの価格を変動

スポーツによっては、需要によってチケット価格が変動するケースもあります。近年では、AIを用いてチケット価格を変動させられるシステムを導入するスポーツ団体が増えています。

チームの状況や対戦相手、座席、試合日程などさまざまなデータをもとに分析し、チケット価格を調整するシステムです。人の手で行うと手間や時間がかかる価格の調整も、AIのおかげでスピーディーに行うことができ、チケット転売の抑制にもつながっています。

生中継のハイライト動画を即座に作成

生中継されているスポーツのハイライト動画を即座に作成するシステムも広がりを見せつつあります。従来、このようなハイライト動画は人の手で作成されていましたが、どうしても時間と手間がかかる問題がありました。

このような問題を解決するため、AIが活用されています。選手の動きや観客のリアクションなどをAIが判断し、ハイライト動画を作成する仕組みです。

従来では、もっとも盛り上がっている部分を選定して切り取り、編集するといった工程が必要でしたが、AIの活用によりこれらの手間がかからなくなりました。

まとめ

スポーツとAIの組み合わせにより、リアルタイムな選手情報の取得や会場混雑状況の予測、把握が可能になるほか、緻密な戦略の立案にも役立ちます。スポーツにおけるさまざまな場面とAIの相性はよく、AI技術も日々進化しているため、今後はAIを利用する場面がさらに広がると考えられます。

物流倉庫自動化検討の前に把握しておきたい4つのポイント〜ピッキング編〜

RELATED POST関連記事


RECENT POST「製造業」の最新記事


製造業

do!bookで現場のペーパーレス化とDXを推進! レポート・マニュアルを電子化

製造業

日本の製造業のDXとは?

製造業

DXを活用した製造業の現場改善活動

製造業

製造業における代表的な現場課題5つとは?現場改善方法5つも紹介

スポーツにおけるAIの活用方法とは?AI導入のメリットや事例を紹介
Factory of the Future製造現場が抱える課題。解決の鍵は「デジタル化」です。

RANKING人気資料ランキング

RECENT POST 最新記事

ブログ無料購読
クラウド実践チャンネル
BizApp チャンネル
New call-to-action

RANKING人気記事ランキング

関連サイト

サイト掲載へのお問い合わせ