製造業における現場の業務改善のポイントとは?

 2021.05.31  デジタルトランスフォーメーションチャンネル編集部

人手不足や競争の激化が進んでいる「製造業」は、企業側による業務改善がこれまで以上に求められています。課題点はいくつかありますが、大きなポイントは少子高齢化。これによって働き手の数が少なくなりつつある今、製造業を営む企業はこれからどのようなことに取り組んで、業務改善に向けて進めば良いのでしょうか。

製造業における現場の問題点のピックアップと対策、今後企業が生き残っていくためになすべきことを詳しく解説します。

製造業における現場の業務改善のポイントとは?

製造業における業務改善の重要性

まず、製造業における業務改善がいかに重要であるか、その必要性を解説するとともに、製造業の現場では今どのような問題が起こっているのか、問題点をひとつずつご紹介します。製造業で業務改善すべき理由を把握しておきましょう。

恒常的な人手不足

まず、製造業は「恒常的な人手不足」という背景があります。恒常的、つまり常に人手不足の状態が続いており、働き手の数が少ないために企業側は労働力・人材の確保が大きな課題になっているということです。

その理由として挙げられるのが「少子高齢化」です。少子高齢化が進んでいる日本の製造業は、恒常的な人手不足に直面しています。さらに、製造業につきまとうのが「3K」のイメージです。製造業の3Kとは「きつい」「汚い」「危険」という意味で、仕事がとても大変というイメージから、製造業の労働力不足を助長していると言われています。

しかし、製造業では人材が確保できなければ製造そのものがストップしてしまうため、人手不足の解消は企業側にとって急務です。人手不足が続けば生産性も落ちてしまい、会社の売り上げにも直結する事態になるでしょう。

働き方改革への対応

次は、政府が打ち出している「働き方改革」への対応についてです。上述のとおり、日本では若い世代の減少とともに少子高齢化が進んでおり、少子高齢化への対応策として、政府が2019年4月より働き方改革という法律を施行し、推進しています。

これは、働き手となる人たちが長く定着して働いてもらえるように、労働環境の改善や柔軟な働き方を実現するというものです。例えば、出社をしなくても良いリモートワークの導入や、フレックスタイム、育児や介護との両立ができるように図るなど、働き手に対する柔軟な待遇を進めることが挙げられます。

こうした働き方改革の実現なくしては、製造業における人材の確保はおぼつかないと言えるでしょう。ただし製造業ではリモートワークができない部分も多く、出社を余儀なくされるケースがあるため、会社での働きやすさを追求することが求められます。

国際的な競争激化

製造業へは「国際的な競争激化」という背景も大きな影響を与えています。

例えば、中国などの諸外国において製造業が盛んになっており、国際的な競争が激しくなっています。その理由として、コスト面での課題が挙げられます。製造業は原材料や加工の工程にかかる設備などの費用が必要ですが、その費用が高くなっていること、そして相反するように消費者からは商品の値下げを望む声が多いことなど、コスト面での課題が山積みと言えるでしょう。

品質を損なうことなくさまざまな方法で厳しいコストカットを実現しなければ、製造業として長く生き残れないという実情があります。

製造業の業務改善で期待できる効果

製造業における課題を理解したところで、続いてはこれらの課題を解決するための方法を見てみましょう。これらの課題改善・業務改善に取り組むと、企業はどのような効果が得られるのか、その先に期待できるものをご紹介します。

効果①:労働力不足の解消

まず、製造業における最も大きな課題と言える「労働力不足の解消」が期待できます。業務改善に取り組むことにより、必要な労働力そのものを削減できると考えられます。

例えば、これまで30人必要だった工程を見直し、効率の良い働き方や仕組みを生み出したり導入したりすれば、半数の15人で事足りるケースがあるかもしれません。そうすると、これまでより少ない人数(労働力)で同じ仕事ができるため、労働力不足の解消につながります。

従業員の負担軽減や柔軟な働き方の実現により、職場としての魅力が増すことも従業員にとって大きなメリットです。企業側にとっては人材の確保がしやすくなり、現在勤めている人材が失われる可能性も減るでしょう。

効果②:コストカット

次は、「コストカットが期待できる」ことです。

業務改善に取り組むことにより、製造プロセスの無駄を洗い出して省くことで、コストカットができます。例えば、作業の効率化です。製造業はひとつの製品を作るのに複数の工程が必要になります。その工程の一つひとつを少しでも効率良くできれば、大幅な効率アップを図れるでしょう。

また、それに伴い必要となる従業員の数を減らしたり、残業時間を減らしたりできるため、人件費も抑えられます。

ただ、方法によっては効率化のための施策が逆に従業員への負担増大やコストを押し上げる場合もあります。そのため、作業のスピードを速め、なおかつコストカットできるような施策をとる必要があることも理解しておかねばなりません。

効果③:生産品質の向上

最後に、「生産品質の向上が期待できる」ことについて見てみましょう。

作業が効率化すると製造工程がスムーズになり、従業員のミスが減少して生産品質が向上すると考えられます。従業員にとっても、業務上の負担が減ることでモチベーションの維持につながりやすく、大きなメリットと言えるでしょう。

生産品質を向上させるための取り組みとしては、機械やICTによる自動化がおすすめです。これらはコストカットと品質向上の両立を可能にしてくれるもので、労働力不足やコストなどで悩む製造業にとって、さまざまな課題を解決してくれると言えます。

機械やICTの導入には費用がかかるものの、製品を作る一連の工程の中で最も手間がかかっていると思われるところへの部分的な導入も可能です。現場を知る従業員へのヒアリングを行い、少しずつソリューションの導入を行うのも良いでしょう。

製造業における現場の業務改善のポイント

最後に、製造業における現場の業務改善のポイントについてご紹介します。従業員が働きやすいと感じる労働環境作りに取り組むことで、貴重な労働力の流出を防ぐことが可能です。そのために、現場で働く従業員に向けてどのような取り組みをすれば良いのか、具体的な業務改善ポイントを見てみましょう。

安全確保に着目する

まずすべきことは、従業員の「安全確保」に着目することです。

製造業の3Kにもあるように、作業に危険が多く伴うのは製造業の宿命とも言えます。しかし、ひとたび事故が発生すれば現場は調査や改善のためにストップするほか、従業員のモチベーションも低下してしまうため、生産性は大きく低下します。

さらに事故によって貴重な人材が失われることになってしまうと、その技能もまた失われるため、新たな人材を募集して初めからスタートする必要があります。人材育成にも費用や時間がかかり、軌道に乗せ直すために苦境を強いられるでしょう。

だからこそ製造業はこうした事故を未然に防ぐため、ヒヤリ・ハットの解消は業務改善に直結すると言えるのです。

ノウハウを共有可能にする

次に「製造業で培うノウハウを共有可能にすべき」ことについて解説します。

製造業のノウハウはいわゆる職人芸として若い世代に引き継がれていきますが、属人化しがちというデメリットがあります。例えば、職人になるための修行で何年もそばで技術を見て覚えるという方法があります。これではノウハウの継承にあまりにも時間がかかり、その間に人材が失われてしまう可能性が高くなります。

製造現場の課題とその改善を広く共有できるかたちにすることで、企業における全体的な業務改善が可能になるでしょう。

製造業で必要な技術の継承はもちろん、この課題にはどのように対応したら良いのかという改善ノウハウを積極的に周りに継承すれば、さらなる業務改善につながることも期待できます。

「現場課題シェア」のようなサービスを用いてノウハウを共有し、現場の改善活動につなげると良いでしょう。

業務改善のプロセスそのものを改善する

最後に「業務改善のプロセスそのものを改善すべき」ことについて解説します。

日本の製造業では、現場で働く従業員が自ら業務改善の提案をして取り組むトヨタ式の「カイゼン」が効果を上げてきたことが知られており、海外でも「Kaizen」と呼ばれているほどです。

労働環境が悪化すれば、当然カイゼンの余地も失われることになります。業務改善のための事務的作業をDX(デジタルトランスフォーメーション)により効率化することで、カイゼンに割ける時間や人的資源などを増やすことができるでしょう。

カイゼンの考え方で大切なのが、データの収集です。業務をマニュアル化してわかりやすくすれば効率アップも図れますが、その結果として改善前後でどのような変化があったのかを数値化してわかりやすくするなど、データ化が必須です。そのためにも、DXが必要と考えられます。

自らの職場と労働環境のカイゼンは、現場で働く従業員にとってもモチベーションにもつながり、ひいては企業全体の生産性向上や売り上げアップ、労働力の維持にもつながるでしょう。

まとめ

製造業にはさまざまな課題が山積しています。現在も進む少子高齢化の波により、生き残りをかけた取り組みがなされています。労働力を確保しながら生産性を高め、効率良く製品を作り出すためにも、ICT・クラウドを活用した「現場課題シェア」のようなサービス導入を積極的に行うと良いでしょう。

また、現場でどのような課題があるのか、どのようなシステムやツールを導入すると従業員が働きやすい環境になるのかを考え、具体的な対策を検討しましょう。

CTA

RELATED POST関連記事


RECENT POST「製造業」の最新記事


製造業

製造業特有の働き方改革のポイントとは?

製造業

製造業における品質管理の基礎知識

製造業

日本の製造業のDXとは?

製造業

建設業の2024年問題とは? 建設業における働き方改革のポイント

製造業における現場の業務改善のポイントとは?