オフィスビルをIoTで効率化!スマートオフィスの事例も紹介

 2021.11.30  デジタルトランスフォーメーションチャンネル

近年、どの分野においても導入が加速しているAIやIoTを活用したオフィスビル、「スマートオフィス」が注目されています。本記事では、IoTの活用でオフィスビルを効率化できる理由や、スマートオフィスを実現することでもたらされるメリット、さらには具体的なソリューションについても紹介します。

オフィスビルをIoTで効率化!スマートオフィスの事例も紹介

New call-to-action

IoTでオフィスビルを効率化できる理由

「IoT」とは「Internet of Things」を略した言葉であり、直訳すると「モノのインターネット」ですが、意味合いとしては「モノとインターネットをつなげること」を指します。

近年、耳にする機会が増えてきた「スマートビルディング」という言葉は、このIoTを活用し、効率的にオフィスや商業施設を管理する仕組みのことです。では、IoTの活用によってオフィスビルを効率化する方法には、具体的にどういったものがあるのでしょうか。以下で詳しく解説していきます。

電力・空調・水道などのインフラをIoTで監視

オフィスビルがきちんと機能するのに欠かせない、電力・空調・水道などといったインフラを、IoT技術を使って監視することで効率化が図れます。例えば電力なら、部屋の電気の点灯・消灯を自動で行ってくれます。

また空調の場合、オフィス内の部屋ごとに、手動で空調の温度を上げたり下げたりしていたのでは、手間がかかってしまいます。人々の利用が多い部屋とそうでない部屋との差も出てくるでしょう。

そこでIoTを活用することで、センサーが人の流れや動きを感知して、温度をうまくコントロールし、最適な室温に保ってくれるのです。そういった調整を自動で行えるようになれば、結果的に節電につながり、電気代の削減にもつながるのです。

不審者を自動検知する

IoTによる監視システムを活用すれば、不審者が侵入した場合に自動で検知できます。社内にスマート監視カメラを設置しておけば、警備員や従業員のいない深夜の時間帯でも、不審者が侵入して居室に入ろうとしたなら、侵入情報がすぐに警備会社や社内の担当部署に伝達され、そこから警察や消防にも連絡が行き渡ります。

こうした対応スピードの速さも、IoTをオフィスビルに取り入れる大きなメリットと言えるでしょう。セキュリティ対策の一環として、日頃からリスクマネージメントをきちんと行うことで、健全な企業活動が行えるのです。

BEMSによるエネルギー性能の最適化

IoTを活用し、効率的にオフィスビルを管理するスマートビルディングは、「BEMS(Building Energy Management System)」によって成り立っています。BEMSとは「ビルエネルギー管理システム」のことで、ビルのためにエネルギー性能を最適化する仕組みを意味します。

BEMSとIoT機器をうまく活用することで、システムでの一元管理をはじめ、データ分析や消費電力の適正化など、人の手で行うには限界があった作業においても、高度な技術で管理できるようになります。これらが実現すれば、結果的にランニングコスト削減にもつながるため、企業側としてはメリットも大きいでしょう。

[SMART_CONTENT]

IoTを活用したスマートオフィスとは?

ここ数年で、「スマートオフィス」という言葉を耳にする機会が増えてきました。スマートオフィスとは、IoT技術を活用して、オフィス空間を最適な状態に保つことをいいます。

例えば、「会議室を予約する際、紙ベースでなくてもスマートフォンから予約できるようにする」「固定席でなくフレキシブルなフリーアドレスの席で働けるようにする」「空調の調整を自動で管理し、快適な空間を保つ」などがこれに当たります。

政府が掲げる働き方改革の一環として、スマートオフィスを推進する企業も増えてきており、今後はさらにそうした流れが加速すると予想されます。

スマートオフィスのメリット

では実際に、IoTを活用したスマートオフィスを実現することで、どのようなメリットが生まれるのでしょうか。利用者側・管理者側の立場から見た、それぞれのメリットについて詳しく解説します。

利用者側

スマートオフィスの導入によって得られるメリットとしては、まず生産性の向上が挙げられます。生産性を向上させるためには、「従業員たちが快適な職場環境のもとで働けること」が第一条件となっていると言えるでしょう。先述したとおり、IoTやAIを活用して室内の温度を最適化すれば、気持ちよく仕事に取り組めるようになり、業務効率の向上が見込めます。

そのほか、座席もフリーアドレス制を導入することで、その日の気分で席を選択してもらえます。さらに、個室形式の集中ブースのような設備を用意することで、「今日はどうしても静かな環境で集中して作業したい」といった従業員にも有効活用してもらえるでしょう。

このように、あらゆる選択肢を用意したオフィス空間を提供することで、従業員のモチベーションアップにもつながります。また、会議室の予約や居室の照明なども、スマートフォンのボタン操作1つで完結すればストレスもかかりません。

特に近年では、新型コロナウイルスの影響でテレワークの普及が拡大していますが、テレワークとスマートオフィスを組み合わせることで、労働環境の質のさらなる向上が期待できます。ワークライフバランスも維持され、従業員の生産性向上にも役立つでしょう。

オフィス管理側

オフィスを管理する側の大きなメリットとしては、固定費の削減が挙げられます。企業の予算において、一番調整が難しいのは固定費だと言われています。

例えば、毎月かかるものとして人件費はもちろん、オフィス家賃や、コピー機をはじめとした機器の利用料、紙代やインク代といった雑費、光熱費や水道代といったものがあります。これらは無理に削減しようとすると、かえって業務効率を損ねたり、従業員のモチベーション低下につながったりする恐れもあります。

スマートオフィスが実現すれば、システムの自動化や一元管理によって、取り付けた自動感知センサーが室内の照明を調節・消灯してくれるほか、オフィス内の人の動きを検知・分析し、自動制御しながら最適な空間を維持してくれます。職場の環境が最適化されれば、従業員たちは働きやすいと感じてもらえるでしょう。結果、エンゲージメント向上により人材の流出が抑えられ、離職率の低下も期待できます。組織の稼働率が向上することで、企業利益を生み出すことにもつながるのです。

内田洋行が提供するIoTオフィス

オフィス家具やICTツールなどを手掛ける株式会社内田洋行では、企業の働き方改革の推進をサポートするさまざまなソリューションを提供しています。中でもオフィスのスマートビル化に特化したものが、オフィスビルのDX基盤として開発された「UCHIDA IoT Model」です。

本ソリューションでは、センサーネットワークとビル統合管理システムを連携させることによって、企業ごとに最適なオフィス環境を構築していけます。具体的には、センサーが空間や環境の情報を取得し、それをさまざまな角度から分析したうえで、空調や照明などに働きかけ最適な環境となるよう制御します。これにより、オフィス環境の最適化や従業員の生産性向上が期待できます。

また、ビル統合管理システムにはWebブラウザでのアクセスが可能なため、PCだけでなくスマートフォン・タブレットからでもアクセスし、管理・操作できるのも特徴です。モバイル端末を使った照明・空調設備などの操作や、遠隔地の設備の監視などが容易に行えるようになるため、設備の利便性を向上しつつ、管理者の負担軽減にも寄与します。

さらに、電力などのエネルギーの使用状況も可視化されるため、より効果的な省エネ対策が実現できるでしょう。

まとめ

IoTを活用したスマートオフィスを実現することで、業務効率化や従業員のモチベーションアップ、生産性の向上などさまざまなメリットが期待できます。新型コロナウイルスの感染拡大を機に、これまでの働き方が見直され、多様な働き方も求められる現代社会において、今後さらにスマートオフィス市場は拡大していくと予想されます。

オフィスビルのスマート化への取組

Smart Buildings & Spaces 総合カタログ
MicrosoftにおけるSmart Buildings & Spacesへの取り組み

RECENT POST「建設・ビル管理」の最新記事


建設・ビル管理

スマートオフィスとは?働き方改革時代のオフィスのあり方

建設・ビル管理

IoT導入でスマートオフィス化すると生産性は向上するのか?

建設・ビル管理

スマートビルディングを活用したオフィスビルとは?lot時代の建物を解説

建設・ビル管理

スマートオフィスとは?メリットや導入事例を解説

オフィスビルをIoTで効率化!スマートオフィスの事例も紹介
New call-to-action

RANKING人気資料ランキング

RECENT POST 最新記事

ブログ無料購読
クラウド実践チャンネル
BizApp チャンネル
New call-to-action

RANKING人気記事ランキング

関連サイト

サイト掲載へのお問い合わせ