BIMソフトとは?おすすめのBIMソフトを徹底紹介

 2021.10.29  デジタルトランスフォーメーションチャンネル

近年、建設業界で注目を集めているのがBIMソフトです。BIMソフトは従来までの図面作成方法と比べて工期やコストを大きく削減することができ、建築業界の効率化に役立っています。本記事ではBIMソフトの概要からメリットやおすすめのBIMソフトまで詳細に説明していきます。

BIMソフトとは?おすすめのBIMソフトを徹底紹介

New call-to-action

BIMソフトとは?

BIMソフトはコンピューター上で建物の3Dモデルを作成し、それをもとに建築や建物の維持管理に必要な情報を管理する手法のことです。BIMは「Building Information Modeling」を略した言葉です。

BIMソフトは従来までの方法より圧倒的に管理が簡単であるため、多くの企業に取り入れられています。

3Dモデルを作成するのであれば、3D CADと同じではないかと思う方もいるかもしれません。しかし、この2つは明確に異なります。3D CADでは最初に2次元の図面を作り、その後に3次元に組み上げていました。

一方で、BIMソフトでは最初から3次元で作成します。そして、2次元の図面はすべて3Dモデルから作成されるのです。そのため、3Dモデルさえ修正すれば2次元の図面はすべて修正されるのです。

[SMART_CONTENT]

BIMソフト導入のメリット

BIMソフトが多くの企業で採用されているのは、BIMソフトは導入すると大きなメリットがあるからです。この見出しでは、BIMソフトを導入するメリットについて、3つのポイントに分けて見ていきましょう。

設計管理のコスト削減

BIMソフトの最大のメリットは、設計監理にかかるコストを削減できることです。
従来、建築現場では手作業でさまざまな2Dの図面を作成し、それをもとに施工を行っていました。しかし、この手法では大きな手間が発生します。

図面の修正が一度もなければ問題ありませんが、現実的には施工途中で図面にさまざまな修正が入ります。そんな時に、従来までの方法では多くの図面にいちいち修正を加えていく必要がありました。

たとえば、施工が始まってから部材同士が干渉していることに気づいたとしましょう。すると、設計を見直して関係するすべての2次元の図面を修正していく必要があります。

一方で、BIMソフトの場合には、途中で修正が発生しても3Dモデルのみ修正すれば良いため、修正作業にかかる時間を大幅に削減できます。これが、設計監理のコスト削減につながり、工期も短縮できるのです。

プレゼンテーションに活用できる

BIMソフトを導入すると、施主側へのプレゼンテーションも行いやすくなります。

施主側は2次元の図面を見ても建物のイメージをつかみにくいですから、プレゼンテーションをする時には3Dモデルや模型を作る必要があります。この準備にはどうしても時間がかかってしまい、施主に求められた時にすぐに建物のイメージを共有できないという問題がありました。

一方、BIMソフトであれば最初から3次元のモデルをもとに設計をするため、施主への共有も簡単です。これにより、施主とのコミュニケーションをよりスムーズにできます。

さまざまなシミュレーションが可能

BIMソフトではさまざまなシミュレーションも可能です。

建築を行う時にはより過ごしやすく、危険が少ない建物にするため、多くのシミュレーションを行います。たとえば、照明が均等に当たっているか、空調や風通しに問題はないか、などのシミュレーションを行います。

以前は、このようなシミュレーションをする時には専門家に依頼する必要がありました。専門家に依頼すると時間やお金がかかりますし、思わぬ問題が見つかって設計から修正せざるを得ないこともあります。

一方、BIMソフトでは専門家に頼らずとも多くの解析が可能です。そのため、早い段階から問題に気づき、修正を加えられます。これにより、設計をやり直す手間も省くことが可能です。

おすすめのBIMソフトとは?

ここまでの説明で、BIMソフトの魅力に気づいていただけたかと思います。しかし、具体的にどのBIMソフトを導入したら良いのか迷ってしまう方もいるでしょう。

この見出しではおすすめのBIMソフトを3つ紹介していきます。

Autodesk Revit

Autodesk RevitはAutodesk社により開発されたBIMソフトです。

Autodesk Revitは意匠からエンジニアまで幅広い方に適した、多くの人に使いやすいBIMソフトになっています。Autodesk Revitの最大のメリットは、同社のさまざまな製品と連携して使用できる点です。

ちなみに、Autodesk Revitにはより安価なAutodesk Revit LTという製品もありますが、こちらは複数人で同時に編集することができません。操作する方が少数であればAutodesk Revit LTでも十分かと思われますが、大人数で使用する場合にはAutodesk Revitがおすすめになります。

【価格】

  • Autodesk Revit:月額50,600円、年額407,000円
  • Autodesk Revit LT:月額9,900円、年額81,400円
  • 30日間の無料体験あり

※学生や教職員の場合には1年間の無料特典があります

Archicad

ArchicadはハンガリーのGraphisoft社によるBIMソフトで、意匠設計者に特におすすめできるソフトです。

Archicadは3Dオブジェクトを数多く取り揃え、レイヤーの概念を持っているため、UI/UXに優れ、直感的に操作しやすくなっています。他のBIMソフトと違い、Macに対応している点も魅力的です。

ArchicadにはArchicad Soloという1名で使うのに適した廉価版のシリーズもあります。なお、Archicadの料金は買い切り型になっています。

【価格】

  • Archicad:840,000円
  • Archicad Solo:345,000円
  • 30日間の無料体験あり

※学生や教職員は無料で利用できます

Gloobe

Gloobeは福井コンピュータアーキテクト株式会社による、国産のBIMソフトです。

Gloobeの最大の特徴は日本での建築設計に特化していることです。具体的には、日本の設計手法に配慮しており、建築基準法などの法律にも準拠したBIMソフトになっています。

このような強みから、Gloobeは日本の建築市場でシェアを拡大しています。なお、GLOOBEも買い切り型のソフトになっています。

【価格】

  • GLOOBE:650,000円
  • 30日間の無料体験あり

プレゼンテーションに活用できる

BIMソフトを導入すると、施主側へのプレゼンテーションも行いやすくなります。

施主側は2次元の図面を見ても建物のイメージをつかみにくいですから、プレゼンテーションをする時には3Dモデルや模型を作る必要があります。この準備にはどうしても時間がかかってしまい、施主に求められた時にすぐに建物のイメージを共有できないという問題がありました。

一方、BIMソフトであれば最初から3次元のモデルをもとに設計をするため、施主への共有も簡単です。これにより、施主とのコミュニケーションをよりスムーズにできます。

さまざまなシミュレーションが可能

BIMソフトではさまざまなシミュレーションも可能です。

建築を行う時にはより過ごしやすく、危険が少ない建物にするため、多くのシミュレーションを行います。たとえば、照明がまんべんなく当たっているか、空調や風通しに問題はないか、などのシミュレーションを行います。

以前は、このようなシミュレーションをする時には専門家に依頼する必要がありました。専門家に依頼すると時間やお金がかかりますし、思わぬ問題が見つかって設計から修正せざるを得ないこともあります。

一方、BIMソフトでは専門家に頼らずとも多くの解析が可能です。そのため、早い段階から問題に気づき、修正を加えられます。これにより、設計をやり直す手間も省くことが可能です。

おすすめのBIMソフトとは?

ここまでの説明で、BIMソフトの魅力に気づいていただけたかと思います。しかし、具体的にどのBIMソフトを導入したら良いのか迷ってしまう方もいるでしょう。

この見出しではおすすめのBIMソフトを3つ紹介していきます。

Autodesk Revit

Autodesk RevitはAutodesk社により開発されたBIMソフトです。

Autodesk Revitは意匠からエンジニアまで幅広い方に適した、多くの人に使いやすいBIMソフトになっています。Autodesk Revitの最大のメリットは、同社のさまざまな製品と連携して使用できる点です。

ちなみに、Autodesk Revitにはより安価なAutodesk Revit LTという製品もありますが、こちらは複数人で同時に編集することができません。操作する方が少数であればAutodesk Revit LTでも十分かと思われますが、大人数で使用する場合にはAutodesk Revitがおすすめになります。

【価格】

  • Autodesk Revit:月額50,600円、年額407,000円
  • Autodesk Revit LT:月額9,900円、年額81,400円
  • 30日間の無料体験あり

※学生や教職員の場合には1年間の無料特典があります

Archicad

ArchicadはハンガリーのGraphisoft社によるBIMソフトで、意匠設計者に特におすすめできるソフトです。

Archicadは3Dオブジェクトを数多く取り揃え、レイヤーの概念を持っているため、UI/UXに優れ、直感的に操作しやすくなっています。他のBIMソフトと違い、Macに対応している点も魅力的です。

ArchicadにはArchicad Soloという1名で使うのに適した廉価版のシリーズもあります。なお、Archicadの料金は買い切り型になっています。

【価格】

  • Archicad:840,000円
  • Archicad Solo:345,000円
  • 30日間の無料体験あり

※学生や教職員は無料で利用できます

Gloobe

Gloobeは福井コンピュータアーキテクト株式会社による、国産のBIMソフトです。

Gloobeの最大の特徴は日本での建築設計に特化していることです。具体的には、日本の設計手法に配慮しており、建築基準法などの法律にも準拠したBIMソフトになっています。

このような強みから、Gloobeは日本の建築市場でシェアを拡大しています。なお、GLOOBEも買い切り型のソフトになっています。

【価格】

  • GLOOBE:650,000円
  • 30日間の無料体験あり

まとめ

この記事では、BIMソフトの概要から始め、メリットやおすすめソフトまで解説してきました。BIMソフトは建物の設計で3Dのモデルを使うことで、建築業界の効率化に貢献しています。今後、ますます普及していくと考えられるBIMソフトの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

CTA

RELATED POST関連記事


RECENT POST「建設・ビル管理」の最新記事


建設・ビル管理

国土交通省のBIMガイドラインをわかりやすく解説

建設・ビル管理

BIMとFMの連携で実現する新時代の施設管理

建設・ビル管理

BIMツールとは?メリットと特徴を明確に解説

建設・ビル管理

BIM/CIMとは?言葉の意味やメリットについて解説

BIMソフトとは?おすすめのBIMソフトを徹底紹介

RANKING人気資料ランキング

RECENT POST 最新記事

RANKING人気記事ランキング

サイト掲載へのお問い合わせ