小売業界のDXとは?課題や事例、サプライチェーン効率化まで解説!

 2022.01.14  デジタルトランスフォーメーションチャンネル

近年、さまざまな産業でデジタル技術の活用による経営改革「DX(デジタルトランスフォーメーション)」の実現が喫緊の経営課題となっています。なかでもDXの実現が急務となっているのが小売業界です。本記事では、小売業界にDXが求められる理由や課題について解説するとともに、具体的な推進事例をご紹介します。

小売業界のDXとは?課題や事例、サプライチェーン効率化まで解説!

流通・小売業のデジタル化を加速させる Intelligent Retail ソリューションガイド

小売業界が直面している課題とは

1990年代後半から2000年代初頭にかけて起きたIT革命により、経済や産業の構造は大きな変革を遂げました。しかし、情報通信技術の発達によってさまざまな産業が発展を遂げたものの、その成長は苛烈な競争原理の上に成り立っており、市場の競争性は激化の一途を辿っています。とくにECサイトの普及によって消費者の購買行動が大きく変化したため、小売業界では経営体制の抜本的な改革を迫られている企業も少なくありません。

たとえば、現代の消費者は欲しい商品をWeb上で検索して比較し、最安値の商品をECサイトで購入するという購買行動が一般化しています。店舗型のビジネスモデルでは、店舗不要で人的資源も最小限に抑えられるECサイトとの価格競争に太刀打ちできず、閉店や撤退を余儀なくされるケースが多々あるのが実情です。さらに、スマートフォンの爆発的な普及によって市場に膨大な情報が溢れ、消費者ニーズは年々高度化かつ多角化していく傾向にあります。

このような時代において競合他社との差別化を図り、市場における競争優位性を確立するためには、ビッグデータの活用やデジタルマーケティングの導入が欠かせません。データ活用に基づいた経営判断やマーケティング戦略の実行が求められるからです。デジタル化が加速していく現代市場で小売業界が生き残るためには、デジタル技術の活用による経営体制の抜本的な改革、つまりDXの実現が喫緊の経営課題といえるでしょう。

AIを活用した需要予測 o9のデジタルブレインと未来型思考を手に入れる
“ノーマル”がなくなった時代の小売りサプライチェーンのデジタルトランスフォーメーション

小売業界におけるDX推進の具体例とは

DXとは、AIやIoT、クラウドコンピューティングなどのデジタル技術を活用し、ビジネスモデルや経営体制そのものに変革をもたらす取り組みです。ところが、システム設計やソフトウェア開発などのIT分野とは異なり、アナログなビジネスモデルである小売業界はデジタル化が困難な業界とされています。そのため、DXの重要性を十分に理解しつつも、具体的な施策の立案につながらない企業も少なくありません。

しかし、DXの本質はデジタル技術の活用そのものではなく、デジタル技術の活用によるイノベーションの創出にあります。したがって、既存のビジネスモデルとデジタル技術を融合させ、いかにして新しい時代に即した販売体制を構築するかが重要課題といえるでしょう。たとえば、具体的な施策の一例として挙げられるのが「OMO戦略」と「データ活用」の導入です。

OMO戦略によるプロモーション及びマーケティング

「OMO」とは「Online Merges with Offline」の略称で、オンラインとオフラインの垣根を越えて優れた顧客体験を提供することを目的とするマーケティング戦略です。たとえば、世界最大のコーヒーチェーン「スターバックス」では、ユーザーがオンライン経由で事前に注文し、店頭では商品を受け取るだけという購買行動が普及しつつあります。

また、世界最大のEC企業「Amazon」が展開する「Amazon Go」は、セレクトした商品を自動認識し、ゲートを通るだけで決済が完了するシームレスなサービスを提供しています。このように、実店舗とWeb上のチャネルを連携・統合し、既存のビジネスモデルとは異なる新しい顧客体験を提供するプロモーション及びマーケティング手法がOMO戦略です。

塩漬けされた顧客データの活用

テクノロジーの進歩・発展に伴って企業が取り扱うデータ量は指数関数的に増大しており、蓄積されたデータをいかにして事業領域に活用するかが重要課題となっています。勘や経験といった直感的な要素に頼る経営体制では、変化が加速する現代市場に対応していくのは困難です。そこで必要となるのが、定量的なデータ分析や客観的要素によって意思決定を行うデータドリブンな経営体制です。

また、さまざまな施策や営業活動によって得られた顧客データが有効に活用されていないケースもあります。データを塩漬けするのではなく、企業の無形資産として有効に活用しなければなりません。

そのためには、組織内のデータを一元的に管理するシステムの運用基盤を構築し、情報や業務システムのサイロ化を防止しなくてはなりません。たとえば、基幹業務を統合管理するERPや顧客関係を一元管理するCRM、営業支援ツールのSFAなどを駆使し、データの運用効率を最大化する組織体制の構築が必要です。こうしたソリューションを用いて購入頻度やリピート率、バケット落ちなどを分析することで、データに基づく意思決定や需要予測などが可能となります。

小売業界がサプライチェーンマネジメントを導入するメリット

小売業界が新しい時代に即した経営体制を構築するために欠かせないのが「サプライチェーンマネジメント」です。サプライチェーンマネジメントとは、「調達」→「生産」→「物流」→「販売」という、原材料や部品の調達から販売に至る一連のプロセスを統合的に管理するマネジメント手法を指します。とくに製造分野の領域で重要視されているマネジメント手法ですが、小売業界においても非常に重要な概念であり、導入することで以下のようなメリットが得られます。

時間や人件費の削減

サプライチェーンを統合的に管理するメリットのひとつが人的資源の削減です。原材料や部品の仕入れから店舗での販売に至るすべての業務プロセスにおける流れを可視化し、定量的なデータ分析に基づく人材配置や在庫管理などが可能となります。各部門だけでなく全社的な業務効率化に寄与するため、最小限の人的資源で同等以上の成果を創出可能な生産体制を構築できる点が大きなメリットです。

さらに、サプライチェーンマネジメントを導入する際、AIやIoTといった技術を活用できれば検品業務や設備保全などのオートメーション化が可能となり、生産体制における人的資源の投入量を大幅に削減できます。そして、空いた人的資源を商品の企画やマーケティング戦略の立案・策定といったコア業務に投入できるため、経営基盤の総合的な強化につながるでしょう。

正確な需要予測と在庫管理

サプライチェーンマネジメントを導入する大きなメリットのひとつが、調達から販売に至る一連のプロセスを統合的に管理できる点です。たとえば、在庫状況と販売状況のデータに差異があれば、過少在庫による販売機会の損失や過剰在庫によるコストの圧迫を招く原因になります。そして、生産計画の大幅な見直しや再構築を余儀なくされ、結果として組織全体における生産性の低下につながりかねません。

サプライチェーンを統合的に管理できれば、購買部門や販売部門などの業務プロセスが可視化され、全社的なデータ分析に基づく生産計画を立案できます。さらにデータレイクやETLツール、BIツールといったソリューションを用いてデータ分析基盤を構築できれば、サプライチェーン全域におけるデータを分析し、高精度な需要予測や在庫管理が可能となるでしょう。

小売業界におけるDX推進事例

小売業界のDX推進事例として挙げられるのが、機械学習やディープラーニングなどのAI技術を用いた高度な需要予測です。たとえば、米国のあるレストランチェーンでは、気候や地域のイベントといった需要の先行指標をデータ分析に組み込み、機械学習による高度な需要予測を実現しています。さらにAIが店舗の在庫管理や品質管理を最適化し、人的資源を顧客対応に専念できる販売体制の確立にも成功しています。

別のDX推進事例として挙げられるのが、デジタルツインの構築によるサプライチェーンマネジメントの最適化です。デジタルツインとは、IoTやARなどの技術を用いて、仮想空間に現実世界と同様の環境を再現する技術を指します。米国の大規模食料品小売業者は、デジタルツインで調達から販売に至るあらゆるプロセスをシミュレートし、サプライチェーンにおける人材配置や在庫管理などの最適化に成功しています。

まとめ

ECサイトの台頭とともに店舗型ビジネスの市場規模は縮小傾向にあります。変化が加速する現代市場において、小売業界がイノベーションを創出するためにはDXの実現が不可欠です。新たな顧客体験を提供するためにも、まずはOMO戦略やデータ分析を経営体制に取り入れてみてください。

“ノーマル”がなくなった時代の小売りサプライチェーンのデジタルトランスフォーメーション

AIを活用した需要予測 o9のデジタルブレインと未来型思考を手に入れる
“ノーマル”がなくなった時代の小売りサプライチェーンのデジタルトランスフォーメーション

RECENT POST「小売業」の最新記事


小売業

産業用拡張現実(AR)とは?活用例や成功に導くソリューションを紹介!

小売業

ローコストで始める工場のIoT化!課題についてもあわせて解説

小売業

OMOによる小売業のDXとは?メリットや事例を解説

小売業

小売業の AI活用のメリットとは?導入事例も解説

小売業界のDXとは?課題や事例、サプライチェーン効率化まで解説!
流通・小売業のデジタル化を加速させる Intelligent Retail ソリューションガイド

RANKING人気資料ランキング

RECENT POST 最新記事

ブログ無料購読
クラウド実践チャンネル
BizApp チャンネル
New call-to-action

RANKING人気記事ランキング

関連サイト

サイト掲載へのお問い合わせ