グローバリゼーションとは?メリットや進め方について徹底解説

 2022.01.31  デジタルトランスフォーメーションチャンネル

グローバリゼーションという言葉は知っていても、深く理解している人は少ないかもしれません。そこで本記事では、グローバリゼーションの特徴やビジネスにおけるグローバリゼーションのスムーズな進め方などを解説していきます。あわせて、人材不足や文化の違いといったグローバリゼーションの課題も紹介します。

グローバリゼーションとは?メリットや進め方について徹底解説

New call-to-action

グローバリゼーションとは

グローバリゼーションとは、国内だけでなく世界的な規模で文化や経済を広げていくことです。グローバリゼーションの歴史は、15〜16世紀ヨーロッパの大航海時代に始まったといわれています。大航海時代には、各国を人やものが移動して貿易を行い、世界規模で行うビジネスで大きな利益を上げていました。

近年では、鉄道や飛行機などの輸送手段、電話やインターネットなどの通信技術・情報手段といったインフラの発展により、国や地域といった境界を従前よりも気軽に超えて行き来できる状況になっています。グローバリゼーションによって国内から広い世界へマーケットを移すことで、ビジネスの急速な成長が期待できます。

世界を巻き込む技術発展

グローバリゼーションで世界的なビジネスを進める場合、発展途上国に生産工場を建設して生産コストの削減を図ることも可能です。物価や人件費の低い発展途上国で製品を製造すると、先進国で製造するよりもコストをかなり抑えられます。

一方、発展途上国には、工場の建設によりこれまでにないテクノロジーが導入でき、輸出による経済の発展が期待できる点が大きなメリットです。将来的に発展途上国の経済が成長すると、その国とのつながりを持っていることがビジネス上で大きなプラスになる可能性もあります。

新規ビジネスの展開

海外にビジネスを展開する場合、文化はもちろん現地に住む人の嗜好や意識なども日本とは異なります。自国と異なる場所では、そこで受け入れられる商品・サービスを準備する必要があるため、結果的に新たな技術を発見し、従来とは違ったビジネスモデルが確立する場合もあります。

また、海外進出後には、多国籍企業との交流により国外の新しい知識が伝わるケースがあります。現地の技術などを吸収する機会を得て、新しい知識を応用する能力をつけることで、これまで自社だけでは実現が不可能だったサービスの提供も可能になります。

AIを活用した需要予測 o9のデジタルブレインと未来型思考を手に入れる
APOからの脱却ー新しいプランニングプラットフォームの選択

グローバリゼーションのビジネスにおける課題

グローバリゼーションのビジネス活動における課題には、人材不足や文化・価値観の違い、テロやサイバー攻撃の増加などがあります。世界各国、さまざまな地域にビジネスを展開するためには、これまでよりも多くの情報を収集して課題を解決していくことが大切です。

人材不足

世界マーケットに進出して幅広いビジネス活動を進めるためには、語学力の高い人材が必要です。日本語がわかる国は海外にほとんど存在しないので、少なくとも英語で日常会話ができる程度の語学力がないと、海外でのビジネスには対応できないでしょう。

日本では英語を身近に感じる機会が少ないこともあり、世界的にみて英語を話せる日本人は多くありません。語学力が低いと、現地社員や外部とのコミュニケーション不足が問題になる場合があります。たとえ現地で良い人材を採用する予定でも、新しく人を採用できるレベルのコミュニケーションが取れる社員がいなければ、スムーズに進まないでしょう。

文化や価値観の違い

国によって文化や歴史、価値観などに違いがあるため、グローバリゼーションの推進に向けて社員にはそれらを理解することが求められます。取引先や顧客など、周囲の人物に自分の考えをわかりやすく伝えることができる能力を持ったうえで、相手の文化や価値観などを読み取り、良好なコミュニケーションを築いて結果を生み出せるようなグローバルな人材が必要になります。

現地の文化や価値観を尊重せず、多様性の理解が乏しいままビジネスを進めると、人材間で衝突が生まれるおそれもあります。日本人としてのアイデンティティを持ちながらも幅広い教養と専門性の高い知識を活かして価値観の異なる人々とも柔軟にやり取りができる人材が、グローバルなビジネスを成功につなげられます。

テロやサイバー攻撃の増加

グローバルにビジネスを展開するうえでは、テロやサイバー攻撃が増加するおそれがあるというデメリットもあります。国内だけでビジネスを行っている場合には、世界各国のテロリストやハッカー達から攻撃される可能性はそれほど多くありません。ところが、グローバル化により世界へ進出した場合、企業がサイバー攻撃の対象になる確率はこれまでよりも高くなります。

文化や価値観の違う国にビジネス展開を行った際には、価値観などの違いから摩擦が生じるケースも考えられます。価値観の違いなどから生じた摩擦は、テロリズムが拡大する原因になると考えられるため、こういったリスクにも十分に注意しなければなりません。

グローバリゼーションの進め方

グローバリゼーションを問題なく進めるためには、人材の確保やオープンイノベーションの展開、ローカライズ戦略の立案などに力を入れるといった工夫が必要です。グローバル化に対応できる人材を確保し、知識や技術の不足を補う施策を取り入れながら、進出先の国で通用する営業戦略を準備しておくことで、ビジネス展開がスムーズに進められるでしょう。

人材の確保

海外展開を狙う企業は、グローバル人材を確保する必要があります。グローバル人材とは、語学力はもちろん、異文化への理解があり、柔軟に対応できる人材のことといわれています。

相手の文化や習慣にも理解を示して、お互いに有意義な交渉を行えるコミュニケーション能力の高さも必要です。そして、文化の異なる地域でも抵抗なく現地に溶け込むことができる対応力を持つ人材は、ビジネス展開の大きな力になるでしょう。現地で社員を採用することもあるため、公正に人を採用し、教育できるかどうかも重要なポイントです。

オープンイノベーションの展開

オープンイノベーションとは、製品開発や研究開発などの知識や技術を他社や他の研究機関などから取り込む、もしくは自社の知識を社外に提供し、共同でイノベーションを促進する方法です。現代ではグローバル化の影響により、次々に新しいアイデアや技術が開発され、商品やサービスにもさまざまな最新技術が搭載されていきます。

市場が常に新しいものを求めていることから、企業も次々と新しい技術を開発し、新商品の提供が期待されています。そのため、これまでよりも短期間で開発・研究の成果を出さなければなりません。短期間で革新的なイノベーションを生み出すためには、すでに開発されている技術を自社に組み入れるオープンイノベーションの活用が有効です。

ローカライズ戦略の立案

日本から海外展開を進めていく場合、他の国でも日本と同じ方法でそのまま営業を行っていては、ビジネスが成功につながりにくいといえます。日本では人気のある商品やサービスでも、海外で人気があるかどうかはわかりません。現地のニーズに商品・サービスが合っているかどうか、また海外進出先の文化や商慣習に則したマーケティング方法はどのようにすべきかなどを事前に調べておき、地域に即したローカライズ戦略を立案することが大切です。

現地マーケティングの際、本やインターネットなどの情報だけですませるのではなく、実際に現地に足を運んで自分が直接見て情報を集めてくる必要もあります。確かな戦略を立案するためには、事前の情報収集が役立ちます。

まとめ

グローバリゼーションは、世界的な規模にビジネスを展開しマーケットを広げていくことです。文化や価値観が異なる海外に進出することで、結果的に新たな技術やビジネスモデルが確立するというメリットもあります。グローバリゼーションにはさまざまな課題があり、それに対応するためにはローカライズ戦略の立案などが重要です。

新たな地平を切り拓く化学業界のデジタル・トランスフォーメーション

AIを活用した需要予測 o9のデジタルブレインと未来型思考を手に入れる
APOからの脱却ー新しいプランニングプラットフォームの選択

RECENT POST「製造業」の最新記事


製造業

プロダクトデザインとは? プロダクトデザイナーの仕事内容と役割

製造業

DX推進における組織変革の必要性とは?組織編成の3パターンを解説

製造業

CDO(最高デジタル責任者)とは?求められる役割やスキルを解説

製造業

DXとIT化の違いとは? DXのメリットと成功させるポイント

グローバリゼーションとは?メリットや進め方について徹底解説
Factory of the Future製造現場が抱える課題。解決の鍵は「デジタル化」です。

RANKING人気資料ランキング

RECENT POST 最新記事

ブログ無料購読
クラウド実践チャンネル
BizApp チャンネル
New call-to-action

RANKING人気記事ランキング

関連サイト

サイト掲載へのお問い合わせ