物流最適化とは?具体的な内容などをご紹介

 2021.04.23  デジタルトランスフォーメーションチャンネル

ECサイトの普及とそれを取り巻く多様なサービスの誕生により、物流業界の需要は拡大傾向にあります。しかし、カスタマー向けの配送需要が急増する一方、最前線に立つ運送現場は多くの課題を抱えています。そこで重要となるのが「物流最適化」です。本記事では、物流業界の課題を踏まえたうえで、物流最適化の概要について解説します。

ec-market-size-and-direction

物流最適化とは

物流とは、商品や製品が生産者から消費者に届くまでの流れを意味します。「物流最適化」は、物流業務における各工程の業務や仕組みを最適化するマネジメント手法です。商品が消費者のもとへ届くまでには、「調達」→「生産」→「物流」→「販売」→「消費」という一連の流れがあり、これを「サプライチェーン」と呼びます。物流は、このサプライチェーンを構成する重要な要素であり、人々の生活や市場経済を支える基盤となるポイントです。

商品や製品の多くは、製造業者が原材料や部品を組み合わせて生産し、物流業者を経て卸売業者や小売店で販売され、消費者の手元へと届きます。どれほど優れた商品でも、それを流通させる経路が確保できなければ価値を生みません。たとえ農産物や水産物、鉱産物といった一次産品であったとしても、生産者から消費者のもとへ届くプロセスには物流が存在します。物流は経済の活発化において不可欠な要素であり、社会の発展に直結する事業といえるでしょう。

物流最適化の主な目的は、物流サービスの品質向上です。現代では情報通信技術の発展に伴い、ECサイトが爆発的に普及しています。それにより、カスタマー向けの配送需要が急増たため、物流は今後も恒久的な需要が見込める業界とされています。しかし、それは同時に市場競争性の激化を意味しており、ECサイトの普及による物流需要の急増に対し、業界全体が追いついていないのが実情です。このような社会背景のなか、物流業界が高い市場価値を創出するためには、配送時間の短縮化や在庫管理の適正化といった物流最適化が不可欠といえます。

物流業界の課題

物流業界は需要が急増しているものの、深刻かつ緊迫した課題を抱えています。とくに大きな課題とされているのが、「人手不足」「過酷な労働環境」「物流の複雑化」の3つです。ここでは、物流業界が抱えている課題について解説していきます。

人手不足

物流業界において最も深刻な問題とされているのが、トラックドライバーを中心とした人材不足です。現在、日本は人口の減少と少子高齢化も相まって、さまざまな業界で人材不足が叫ばれています。日本の総人口は、2008年の約1億2,808万人をピークに下降の一途を辿っており、さらに総人口に対する高齢化率は約28.7%を超える超高齢化社会となっています。こうした社会背景も重なり、人材不足が恒常化しているのが物流業界の現状です。

国土交通省の調べでは、約6割の物流企業が人材不足に陥っているというデータがあります。また、人材不足と同時に無視できない重要な問題が、人材の高齢化です。物流業界の従事者の約44%が40~50歳であり、若年層は全体の10%以下となっています。女性の割合も2.4%と、全産業と比べて極めて低く、人材不足に拍車をかけている状況です。物流業務における必要な労働力を確保するためにも、物流最適化の実現が喫緊の経営課題といえるでしょう。

過酷な労働環境

物流最適化が求められる要因のひとつとして挙げられるのが、過酷な労働環境です。物流業界は、人々の暮らしや経済活動を支える重要産業といえます。しかし、運輸業に従事するトラックドライバーは、ほかの産業に比べて長時間労働かつ低賃金の傾向にある業種です。

運輸業は、過重労働による心疾患や過労死がとくに多い業界のひとつです。また、近年におけるカスタマー向けの配送需要の急増もあり、配送のスピード化や小口配送の急増、それに伴う物流の複雑化など、さらに労働環境の悪化が進んでいるといえるでしょう。

過重労働は物流業界に限った問題ではなく、国内のあらゆる産業に共通する問題です。過重労働による心疾患や過労死、あるいは過労自死などが社会問題となっています。2015年に大手広告代理店に勤務する新人社員が、過労を苦に自死した事件は今も記憶に新しいでしょう。こうした事態を打破すべく、2019年4月より「働き方改革関連法」が施行され、労働環境の抜本的な改革が求められています。日本は世界的に見ても長時間労働の割合が高い国であり、過酷な労働環境を是正するためにも、物流最適化による業務効率の改善が必要です。

小口配送による物流の複雑化

物流業界はEC市場の拡大によって活発化し、恒久的な需要が見込める業界です。その一方で、運輸業における配送業務の小口化が進み、積載量も減少傾向にあります。配送需要が増えても、小口発送かつ低積載率ではその分、配送コストや人件費がかかるため、全体における物流コストは増大します。多様化する消費者ニーズに応えるべく、多くの企業が努力を重ねていますが、小口輸送の急増とトラックの積載率減少による効率低下は、もはや限界に達しているのが実情です。

課題解決にための物量最適化

人材不足と過酷な労働環境、そして小口配送による物流の複雑化という現状を打破するためにも、物流最適化による経営改革が求められています。物流最適化において重要となるポイントが、ITソリューションの活用です。近年、多くの業界でDXの推進が経営課題となっています。これは物流業界も同様で、デジタル技術を活用したDXの実現が、現状打破への一助となるでしょう。ここからは、物流最適化を実現するための具体的な取り組みについて解説します。

人員配置の最適化

労働人口の減少と高齢化が顕在化するなか、限られた作業人員を効率的に配置し、配送業務を遂行することは、物流業界における重要な経営課題とされています。突発的な作業への対応や、人員の体調などによる作業効率性の変動を考慮すると、過去の傾向を踏まえ制御するという一般的な最適化の手法では対応しきれません。

人員配置を最適化するためには、最適な人員シフト・配置を算出するITソリューションの導入が不可欠です。最先端のテクノロジーを活用し、人員配置をデジタル管理できれば、人員手配の最適化によるコスト削減や業務工数の削減、人員手配業務のスピードアップに寄与します。

配送ルートの最適化

「配送ルートの最適化」とは、複数の配送先への配送業務において、効率のよいルートを分析して導き出すことです。物流業界では人材不足が慢性化しているのに対し、配送需要は増大し続けています。高まり続ける配送需要に応えていくためには、配送ルートの最適化を通じて業務改善を行い、業務負担を軽減する必要があるでしょう。

しかし、配送ルートの最適化は決して容易ではありません。日々異なる配送先や配送量について、都度計算を行うのは非常に困難です。ITソリューションによって、業務情報をデジタル管理できれば、車両の位置情報や走行履歴、燃料コストなど、さまざまな分析に基づく配送ルートの最適化が実現します。

サプライチェーンの可視化

物流最適化を図るうえで重要となるのは、商品と売上が発生するスタート地点からゴール地点を可視化し、最適化ポイントを把握することです。受注や売上見込みなど、各拠点での適正在庫配置を計算すると同時に、最適な配送ルートを計画し、サプライチェーン全体を可視化することが重要といえるでしょう。

物流プロセスを最適化するためには、サプライチェーンという大きな流れを可視化し、全体最適化へと至る経営戦略の構築が不可欠です。物流業務に特化したITソリューションを活用することで、サプライチェーン全体を可視化し、定量的な分析に基づく物流戦略の構築が可能になります。

まとめ

物流は、人々の暮らしと経済を支える重要な産業です。しかし、人材の不足や高齢化、過酷な労働環境といった深刻な課題を抱える業界でもあります。こうした状況を打破し、新たな市場価値を創出するためには、配送時間の短縮化や在庫管理の適正化といった「物流最適化」が不可欠です。ぜひ、本記事を参考にして自社の物流業務にご活用ください。

また、BLUEYONDERでは物流最適化に役立つソリューションとして「Luminate Logistics」を提供しています。配送業務など、物流に関する様々な業務を効率化するためにも、ぜひ導入を検討されてみてはいかがでしょうか。

CTA

RELATED POST関連記事


RECENT POST「Eコマース」の最新記事


Eコマース

サプライチェーン管理とは?導入のメリットや課題を解説

Eコマース

配送ルート最適化とは?アルゴリズムシステムの導入の重要性

Eコマース

物流業界の現状と課題とは?

Eコマース

物流業界の最新技術トレンド

物流最適化とは?具体的な内容などをご紹介

RANKING人気資料ランキング

RECENT POST 最新記事

RANKING人気記事ランキング

サイト掲載へのお問い合わせ