マーケティングとは?手法から分析方法まで基礎知識をわかりやすく解説!

 2022.03.11  デジタルトランスフォーメーションチャンネル

テクノロジーの進歩とともに顧客ニーズが多様化する現代市場において、競合他社との差別化を図るのは容易ではありません。そこで、顧客から選ばれる企業であるために重要となるのが「マーケティング」です。本記事では、マーケティングの概要について解説するとともに、代表的なマーケティング手法や分析手法をご紹介します。

マーケティングとは?手法から分析方法まで基礎知識をわかりやすく解説!

マーケティングとは?

マーケティングとは、平易な表現でいえば「商品やサービスが売れる仕組みを作ること」と定義できます。マーケティングを行なう主体は企業だけではなく、行政機関のような公的組織やNPO法人などの非営利組織も含んでおり、営利活動のみに限定されない幅広い活動を含む概念です。企業経営の領域では、自社のプロダクトを販売する一連の構造や儲け続ける仕組みづくりなど、総合的な事業活動をマーケティングと呼びます。

現代はテクノロジーの発展とともにグローバル化が加速しており、市場の競争性は激化の一途を辿っています。また、情報通信技術の進歩に伴って一般消費者の情報リテラシーが高まっており、顧客ニーズは多様化かつ高度化し、製品や技術のライフサイクルも短縮傾向にあります。このような時代のなかで企業が市場の競争優位性を確立するためには、競合他社にはない独自の付加価値をいかにして創出するかが重要です。

そのためには顧客の潜在ニーズや消費者インサイトを的確に掴んだプロダクトを開発し、より多くの人々に自社の製品やサービスを認知してもらう仕組みづくりが欠かせません。そして、新たな市場を開発し、最も有利な販売経路を選ぶと同時に需要の増加を図る必要があります。このような市場調査や製品開発、広告戦略、流通戦略などの活動を通じ、顧客と市場を創出していくことがマーケティングの主要な目的です。

データドリブンなプラント操業を実現 千代田化工建設のDXを支えるデータ基盤
社会インフラのサステナビリティとレジリエンス向上

代表的なマーケティング手法

ここからは、代表的なマーケティング手法について紹介します。マーケティングにはさまざまな施策がありますが、代表的な手法として挙げられるのは以下の通りです。

一般的なマーケティング手法

マスマーケティング

マスマーケティングは、潜在顧客や見込み客をセグメントせず、不特定多数のターゲットに対して画一的な販売促進活動を展開するマーケティング戦略です。TVやラジオ、新聞などのマスメディアを活用することで大規模な広告戦略を展開できます。しかし、大規模なプロモーションは膨大なコストを要するため、多様な資金調達手段をもつ大企業向けのマーケティング手法といえるでしょう。

ダイレクトマーケティング

ダイレクトマーケティングは、企業が顧客と直接的なコミュニケーションを図りながらアプローチを仕掛けるマーケティング手法です。資料請求や見積もり、サンプルやホワイトペーパーの提供といった経路から顧客情報を入手し、見込み客の属性に最適化された営業戦略を展開します。より多くの顧客情報を取得する必要があるものの、費用対効果が高く効果を測定しやすいというメリットがあります。

ゲリラマーケティング

ゲリラマーケティングは、従来の広告戦略における常識や慣習にとらわれない自由な発想に基づくマーケティング手法です。WebメディアやSNSのような情報の拡散力に優れる媒体を活用し、自由な発想力を武器として実行されるという特徴があります。SNSを活用したバズマーケティングがゲリラマーケティングの代表例です。アイデアや発想力に成果が左右されますが、口コミによって低予算で爆発的な宣伝効果を生み出す可能性を秘めています。

動画マーケティング

企業はマーケティングを行う際に必ずコンテンツを活用します。コンテンツはテキスト、画像に加えて最近では動画が主流になりつつあります。動画を活用したマーケティング全般を動画マーケティングといい他のコンテンツを利用した場合に比べて訴求力を高めることが可能になります。動画制作および配信会社ヒューマンセントリックスで代表を務める中村氏曰く、近年多くの企業が急速に動画マーケティングを活用していると言います。その言葉を裏付けるように動画マーケティングにおける広告市場は爆発的な伸びを示しています。

参照:動画マーケティングとは?メリット、手法、成功ポイント、戦略、KPI、事例

マーケティング手法の最新トレンド

Webマーケティング

Webマーケティングは、コーポレートサイトやECサイト、オウンドメディアやSNSなど、インターネット上の媒体を活用するマーケティング手法です。リスティング広告やアフィリエイト広告、SEOなどの集客手段を用いて媒体にトラフィックを集め、商品やサービスの販売機会を最大化します。インターネット上のチャネルを活用してダイレクトマーケティングを仕掛けることも可能であり、デジタル化が加速する現代市場において不可欠な施策といえるでしょう。

O2Oマーケティング

O2Oは「Online to Offline」の略称で、オンライン上のチャネルから実店舗へと見込み客を誘導するマーケティング手法です。一例としては、店舗のWebサイト上でクーポンを発行し、実店舗への来店を促すといった施策が挙げられます。消費者のインターネット利用時間は年々増加しているため、店舗型ビジネスを展開する企業にとってO2Oマーケティングを活用した集客は非常に有効な施策です。

SNSマーケティング

SNSマーケティングは、その名の通りInstagramやTwitter、FacebookなどのSNSを活用したマーケティング手法です。SNSを活用した情報発信やキャンペーン展開によって見込み客を集め、販売機会の最大化を目指します。スマートフォンの爆発的な普及によってSNSが隆盛を極めており、とくに年齢の若い層ほど利用時間が多い傾向にあります。そのため、若年層をターゲットとしたビジネスを展開する企業にとって必須のマーケティング手法といえます。

代表的なマーケティング分析手法

マーケティング戦略は手法そのものも重要ですが、市場調査や需要調査、経済動向などを分析するプロセスも同様に重要です。現代は優れたプロダクトをつくるだけでは差別化を図るのは困難であり、確かなデータ分析を起点としたマーケティング戦略が欠かせません。代表的なマーケティング分析手法として以下の4つが挙げられます。

3C分析

3C分析は「顧客(Customer)」「競合他社(Competitor)」「自社(Company)」という3つのCを分析する手法です。顧客や見込み客のニーズ、競合他社のシェア、自社のプロダクトの長所と短所などを総合的に分析することで、大局的なマーケティング戦略の立案・策定につながります。

4P分析

4P分析は「製品(Product)」「価格(Price)」「流通(Place)」「販売促進(Promotion)」の各要素を分析する手法です。消費者が求める付加価値や価格帯、流通経路などを分析し、どのようにしてマーケティング戦略を展開していくのかを策定する際に用いられます。

PEST分析

PEST分析は「政治的要因(Politics)」「経済的要因(Economics)」「社会的要因(Society)」「技術的要因(Technology)」の4要素を総合的に分析する手法です。経済動向や需要動向、法規制、景気、テクノロジーなどを分析することで、マクロな環境を起点としたマーケティング戦略を構築できます。

バリューチェーン分析

バリューチェーン分析は、原材料の調達から製品が消費者に渡るまでの工程で、どのプロセスで付加価値が生み出されているかを分析する手法です。サプライチェーンの各工程におけるコストの把握や、競合他社との差別化を図る際に用いられます。

マーケティングを成功に導くためのポイント

マーケティングとは「誰に」「何を」「どのように販売するのか」と言い換えることができます。そして、自社のプロダクトを売り込むのではなく、見込み客や顧客に選ばれる仕組みを構築することこそマーケティングの本質的な目的です。そのため、何よりも重要となるのがターゲティングです。見込み客の潜在需要や消費者インサイトを掘り起こし、的確なペルソナの選定やセグメンテーションを実行することで、より戦略的なマーケティングを展開できます。

まとめ

マーケティングとは、商品やサービスが売れる仕組みをつくることであり、独自の付加価値を創出する上で必須の施策です。WebマーケティングやSNSマーケティングなどの手法を駆使し、さまざまな分析を用いることで効率的なマーケティング戦略を展開できます。ぜひ本記事を参考にマーケティング戦略の策定に取り組んでみてください。

ロボットを用いて製造現場のデータ活用を促進

社会インフラのサステナビリティとレジリエンス向上
データドリブンなプラント操業を実現 千代田化工建設のDXを支えるデータ基盤

RECENT POST「業種共通」の最新記事


業種共通

プラットフォーマーの意味とは? メリットや企業例を紹介

業種共通

テレワーク業務の課題と問題解決に導くポイントを解説!

業種共通

DXとAIの関係性とは?活用事例や取り入れる際のポイントをレクチャー

業種共通

IT・ビジネスにおけるエコシステムの意味とメリット、導入方法を詳しく解説

マーケティングとは?手法から分析方法まで基礎知識をわかりやすく解説!
Factory of the Future製造現場が抱える課題。解決の鍵は「デジタル化」です。

RANKING人気資料ランキング

RECENT POST 最新記事

ブログ無料購読
クラウド実践チャンネル
BizApp チャンネル
New call-to-action

RANKING人気記事ランキング

関連サイト

サイト掲載へのお問い合わせ