シナリオプランニングとは? 重要性や活用手順をわかりやすく解説!

 2022.07.25  デジタルトランスフォーメーションチャンネル

何が起きるかわからない未来で企業が生き残るには、さまざまな可能性を考慮して戦略を組み立てる必要があります。それを実現する手法がシナリオプランニングです。本記事では、シナリオプランニングの重要性や活用の手順、注意点などについて解説します。

シナリオプランニングとは? 重要性や活用手順をわかりやすく解説!

New call-to-action

シナリオプランニングとは

シナリオプランニングとは、将来的に起こり得る可能性を複数のシナリオとして描き、組織の進むべき道や具体的な対処を決めるための手法です。企業における戦略立案に、シナリオプランニングは役立てられています。

未来に起こり得ることを正確に予測するのは困難です。しかし、予測が困難だからといって手をこまねいているようでは、変化に対応できず組織の衰退を招きます。

そこで、シナリオプランニングの出番です。将来的に起こり得るさまざまな可能性をピックアップすることで、自社が今後何をすべきかが見えてくるのです。

なぜシナリオプランニングが重要なのか

ある程度未来のことを予測していないと、いざというとき適切な対応ができません。企業を取り巻く環境はどんどん変化しているため、さまざまなシナリオを描き戦略を立案する必要があります。

現代がVUCA(ブーカ)の時代といわれているのも、シナリオプランニングが重要な理由です。変動性を意味するVolatility、不確実性を指すUncertainty、複雑性のComplexity、曖昧性を示すAmbiguityがVUCAを構成する要素です。

簡単にいえば、先が見えず未来を正確に見通せない時代なのです。新たな技術やサービスの誕生、市場や消費者の価値観変化など、まさに現代は先を見通せない時代です。このような状況の中、組織として生き残るには、いくつもの可能性を考えて行動する必要があります。

シナリオプランニングの活用手順

シナリオプランニングは、行き当たりばったりで取り組んでも成果を得られません。効果的にビジネスへ活用するには、正しい手順のもと取り組むことが大切です。

1. シナリオテーマを設定する

まずすべきは、自社のビジネスモデルを分析し現状を把握することです。分析により、自社が優位性を確立している市場や、解決すべき課題を把握できます。

シナリオテーマの設定は、時間軸と地域軸の2つを軸に進めましょう。時間軸とは想定する未来のことであり、地域軸は自社がビジネスを展開する市場です。この2つを主軸に検討を進め、シナリオプランニングで何を実現したいのかを考えます。

2. 外部の環境変化要因を洗い出す

2つの主軸に基づき、自社のビジネスに影響を及ぼすと考えられる外部の環境変化要因を洗い出しましょう。外部の環境変化を予測していないと、いざというとき適切な対応ができません。

環境変化要因を洗い出すには、pest分析や5forceなどのフレームワークを用いるとよいでしょう。pest分析は、政治、経済、社会、技術の面から環境変化要因を洗い出せるフレームワークです。5force分析は、新規参入業者、売り手、買い手、代替品、業界内の競争という5つの脅威を分析する手法です。

3. 自社に与えるインパクトと不確実性で整理する

インパクトとは、外部の環境変化が自社へ与える影響の度合です。インパクトが大きいほど自社への影響も大きくなると考えます。不確実性とは、この先起こるかもしれないし起こらないかもしれないことを指します。

シナリオプランニングでは、インパクトの大小と不確実性の高低で4つに分類します。インパクト大×不確実性高、インパクト大×不確実性低、インパクト低×不確実性高、インパクト低×不確実性低の4つです。

4つの中で、もっとも優先度が高いのはインパクト大×不確実性高です。ビジネスに与える影響が大きく、先の見通しがたたないことから他社が注目していない可能性も高いと考えられるためです。

4. 将来のシナリオを複数作成する

整理した情報をもとにシナリオを作成するステップです。シナリオ作成を進めるうちに、「このような未来があるわけがない」と考えてしまうかもしれませんが、そもそもシナリオプランニングは不確実性が高いものであるため、気にする必要はありません。

この先確実に起こり得ることなど誰にもわからないため、不確実性が高いとの前提で作成を進めましょう。

5. シナリオを詳細分析する

完成したシナリオのままでは、自社のビジネスに活かせない可能性があります。そのため、できあがったシナリオを詳細に分析し、自社のビジネスへどう落としこめるかを考えましょう。

たとえば、10年後の日本における平均年収が大幅に下がるとのシナリオがあるとします。このケースで、自社が高級レストランを運営する企業であれば、「どのような価格帯のメニューが満足度を高められるのか」「どういったシーンで高級レストランを使用するのか」などを考えます。

6. 戦略オプションを検討する

シナリオプランニングの目的は、先の読めない未来へ対応することです。そのために、プランニングしたシナリオをどのように活用できるのかを考えなくてはなりません。

たとえば、10年後に高級レストランを使用する人が減る可能性があるのなら、今から低価格帯のレストランを試験的に展開する、といった戦略が考えられます。また、市場における優位性を確立できているのなら、さらにブランディングを進める方向性も考えられるでしょう。

シナリオプランニングを企業が導入するメリット

大きなメリットとして、環境変化への対応力向上が挙げられます。まったく予想だにしていない未来が待ち構えていたとき、適切な対応を行うのは困難です。しかし、あらかじめそのような未来があることを予測し戦略を立てていれば、状況に応じた適切な対応を行えます。

組織体制の最適化にもつながります。不確実な未来に備えて人材を育成する、新たな体制を構築するなどの行動を起こせるため、組織体制を最適化できます。

この先起こり得る可能性を踏まえて施策を立案できるのもメリットです。ある程度先のことを予測した施策を打ち立てられるため、リスクを抑えて成果を高められる可能性があります。

シナリオプランニングの注意点

先を見通しにくい時代において、シナリオプランニングは企業が生き残るのに有効な手法です。ただ、実践するにあたっていくつか注意点があるため押さえておきましょう。

長期ビジョンを描く

シナリオプランニングは、長期的な視点で取り組むことが基本です。2~3年先のような未来は見通しが立てやすいため、わざわざシナリオをプランニングするほどでもありません。

基本的には、5年以上を目安にシナリオを作成します。5年後、10年後に企業としてどのような姿になっていたいのか、何を達成したいのかといったシナリオを考えましょう。

また、確実に起こりそうにないシナリオに多くの時間を割くのもNGです。高い確率で発生しない未来のために、具体的な対策を考えるのは有益とはいえません。時間を無駄にするため、このようなシナリオは排除して進めたほうがよいでしょう。

定期的な見直しを忘れずに

シナリオプランニングは、一度実践したらおしまいではありません。知恵を絞って考えたシナリオであっても、未来はさまざまな要因で変化するため、それに合わせてシナリオも変化させる必要があります。

高い確率で起こり得る未来であっても、変化する可能性は否めません。未来は常に変化すると考え、定期的な見直しを行いましょう。見直しと分析、修正を繰り返しつつブラッシュアップを続けることで、シナリオの精度を高められます。

基本的には、1年スパンでの見直しをおすすめします。1年でも、自社やビジネスを取り巻く環境が変化する可能性は十分あります。

まとめ

将来の見通しが難しい現代だからこそ、企業にはシナリオプランニングの導入が求められます。正しく取り組みを進めることで、将来的なリスクを軽減し組織としての発展も見込めます。この機会に、シナリオプランニングに取り組んでみてはいかがでしょうか。


RELATED POST関連記事


RECENT POST「製造業」の最新記事


製造業

店舗スタッフのeラーニングをdo!bookで実現! 導入事例

製造業

do!bookで現場のペーパーレス化とDXを推進! レポート・マニュアルを電子化

製造業

日本の製造業のDXとは?

製造業

DXを活用した製造業の現場改善活動

シナリオプランニングとは? 重要性や活用手順をわかりやすく解説!
Factory of the Future製造現場が抱える課題。解決の鍵は「デジタル化」です。

RANKING人気資料ランキング

RECENT POST 最新記事

ブログ無料購読
クラウド実践チャンネル
BizApp チャンネル
New call-to-action

RANKING人気記事ランキング

関連サイト

サイト掲載へのお問い合わせ