スマートモビリティとは?概要やメリット、事例について解説

 2021.01.15  デジタルトランスフォーメーションチャンネル

ネットワークの高速化やビッグデータ・AIの発展によって、スマートモビリティ社会の実現が注目されています。しかし、スマートモビリティの概念やメリットなどを適切に理解するのは難しいものです。

そこで本記事では、スマートモビリティの概要やメリット、具体的な事例などについて解説します。

スマートモビリティとは?

New call-to-action

スマートモビリティとは

スマートモビリティとは、自動運転車やIoTを活用したセンサーなど、従来の交通や移動を変える新しいテクノロジーの総称を指します。スマートモビリティの具体例としては、上記のほかにも、カーシェアリングやライドシェアリング、MaaSなどが挙げられます。

スマートモビリティの「スマート」には、人々の移動を安全で効率的なものにし、交通渋滞や大気汚染などの課題を解決することを期待する意味が含まれているのです。

具体例として挙げたMaaSは「Mobility as a Service」を略したもので、情報通信技術を用いて、レンタカーや電車、タクシー、飛行機など様々な輸送手段をひとつのネットサービスで一括利用できるようにすることです。

各種交通手段の乗り換え情報の検索やチケットの予約、さらには料金決済までがスムーズに進められるなど、交通機関の利便性向上だけでなく、利用する人々の生活を快適にする効果が期待されています。

Microsoft Azure製品カタログ
MicrosoftがAzure Sphereで狙う世界 ― IoTでどのようなメリットがあるのか

スマートモビリティ化のメリット

スマートモビリティは人々の生活を便利にするものですが、ほかにも多くのメリットがあります。ここからはスマートモビリティ化するメリットの例を4つ紹介します。

安全性の向上

ADASは「Advanced Driving Assistant System」の略で、自動ブレーキ装置や急発進防止装置を含む「先進運転支援システム」のことを指します。ドライバーは車を安全に運転するために、前方だけでなく周囲の情報も正確に把握しなくてはいけません。しかし、死角など見落としてしまう隠れた危険もあるでしょう。

ADASはそのような危険を察知して警告したり、車の動きを制御したりして、ドライバーをサポートします。緊急時にはドライバーの判断より早く自動でブレーキをかけるなどのシステムにより、交通事故の発生を防ぐ効果が期待できるのです。

交通渋滞の緩和

MaaSで電車や飛行機などの公共交通機関の利用をスマートにすることで自家用車を使う機会が減れば、交通量が減少し交通渋滞の緩和につながるでしょう。

また、自動運転車の普及が進むことで、車両スピードの調節や、車が停止するとき、動き始めるときのヒューマンエラーを最小限に抑えられます。これにより、交通事故が原因の「事故渋滞」や、坂道や停車時の減速、不適当な車間距離などが原因で起きる「自然渋滞」などの発生を抑制できます。

さらに、IoTセンサーでリアルタイムの交通量データを取得し、ピーク時と閑散時など、混雑状況での料金調節も可能です。このような調節を行えば、意図的に利用時間を分散できます。

交通の効率化による経済メリット

交通事故で個人の身体や財物が物理的な損傷を受けたことで発生する経済的損失の調査結果があります。

この調査では「金銭的損失」として治療費や慰謝料、修理費用など個人にかかる費用から、警察の事故処理費用や裁判費用、渋滞による損失など公的機関に発生した損失までが含めて算定されました。

これによると、交通事故による金銭的損失は年間3兆9,800億円とされています。(平成24年交通安全白書「交通事故による損失」より。データは平成21年調査のもの)

スマートモビリティを活用する社会が実現し、交通事故の発生を抑制できれば、結果として上記のような交通事故によって生じる経済的損失が軽減されます。これは大きな経済メリットです。

環境汚染の抑制

多くの人が自家用車を使うことで、排気ガスが大量に排出され、大気汚染につながっています。MaaSによって公共交通機関がより活用されるようになれば、自家用車の使用が減り、環境汚染を抑えられるでしょう。

移動の利便性を高めることで、環境負荷軽減に貢献するという点でもスマートモビリティ化は注目されています。

また、電気自動車や燃料電池車など、排気ガスを排出しないゼロエミッション車の普及も、スマートモビリティ戦略のひとつとして広がりを見せています。2020年12月には欧州委員会が2030年までに3千万台を普及させるという計画を発表しました。

このような環境負荷低減のためのスマートモビリティ・プロジェクトは世界中で推進されています。

スマートモビリティの事例

ここからは実際のスマートモビリティの事例について紹介します。

事例1: カーシェアリングサービス(パーク24)

カーシェアリングとは、特定の自動車を会員間で共有し、好きなときに借りられるサービスです。主にスマートフォンのアプリで車を予約し、コインパーキングなどを利用した拠点から車を借ります。車の予約から返却まで、すべての工程が無人で行われることが特徴です。

レンタカーよりも1つの拠点での提供台数が少なく、予約が埋まりやすいことや、車種の選択肢が少ない点などがデメリットですが、最低15分からという短時間でも車を借りられる点や、都市部ではレンタカーショップよりも多く拠点が設置されている点など「気軽に借りられる」というメリットがあります。

このシステムが普及することで、都市が抱える駐車場不足が解消されるのではと期待されているサービスです。

コインパーキングの「タイムズ24」を運営しているパーク24グループでは、駐車場運営のノウハウを利用し「タイムズカーシェア」を展開しています。自社のコインパーキングを拠点として使用しているため、年末年始といった繁忙期には拠点を増設するなど状況に応じた柔軟な対応を行っているのが特徴です。

事例2: パーソナルモビリティWHILL(WHILL)

パーソナルモビリティは、一人乗りの移動支援機器を指します。「WHILL」は、障害や高齢などの理由で自動車や自転車を利用できない人でも運転できる4輪駆動の電動車いすです。

これまでの2輪の電動車いすに比べコンパクトで軽量なため、簡単に持ち運べるほか、電車やバスに乗ってもあまり場所を取りません。タイヤが小さく小回りがきく点や、5cm程度の段差であればそのまま乗り越えられる点、操作性や乗り心地も快適なことから、新しい移動手段としての活用が期待されています。

自動運転モビリティサービスも行っており、病院や空港などに設置して、患者やお客を自動で目的地まで移動させる手段として注目されています。

パーソナルモビリティの普及により、介助スタッフや家族への負担も低減されるでしょう。

まとめ

テクノロジーの発展により、スマートモビリティのニーズは依然として高まっています。安全性の向上や経済効果など、あらゆるメリットが期待できるでしょう。

なお、マイクロソフトのスマートモビリティサービスを活用すれば、渋滞緩和や道路状況の評価などが可能です。また、IoTを使用して輸送や物流の効率化やコスト削減にも寄与できます。

CTA

RECENT POST「自動車」の最新記事


自動車

スマートシティとは?背景や課題、国内・海外それぞれの事例を紹介

自動車

スマートメーターとは?電力のデジタル化で広がる未来

自動車

工場IoTによるセキュアなスマートファクトリー化とは?

自動車

スマートファクトリーとは? 概要やメリットを解説

スマートモビリティとは?概要やメリット、事例について解説

RANKING人気資料ランキング

RECENT POST 最新記事

RANKING人気記事ランキング

サイト掲載へのお問い合わせ