サプライチェーン管理とは?導入のメリットや課題を解説

 2020.12.08  デジタルトランスフォーメーションチャンネル

製造業では適切なサプライチェーン管理により常にサプライチェーンの最適化が求められます。サプライチェーン管理は多くのステークホールダーが関わるプロセスとなるため、変更も容易ではありません。しかし最適化を行うことにより得られるメリットも大きいです。そこで本記事では、サプライチェーン管理の概要や課題点、また導入メリットについて解説していきます。

サプライチェーン管理とは?導入のメリットや課題を解説

流通・小売業のデジタル化を加速させる Intelligent Retail ソリューションガイド

サプライチェーン管理とは

サプライチェーンとは、材料の調達から消費者への販売に至る全体の流通プロセスを指す言葉です。直わけすると「サプライ」は「供給」、そして「チェーン」は「鎖」を表します。商品が消費者の手元に届くまでに「調達」→「生産」→「物流」→「販売」という需給の流れが鎖のように連なって見えることから、サプライチェーンと呼ばれています。

サプライチェーン管理とは、この調達から販売に至るまでの流れを管理して物流の全体最適化を目指すマネジメントです。製造業の物流プロセスはさまざまな中間業者が介入することもあり、正確な情報の把握は困難です。その結果、過剰在庫を抱えてキャッシュが圧迫されてしまう、反対に在庫不足によって機会損失を生むといった問題が発生します。こうした問題を解決する一助となるのがサプライチェーン管理です。

サプライチェーン管理の歴史

サプライチェーン管理という言葉が生まれたのは1980年代のことですが、その概念が普及したのはごく最近です。この経営手法が注目されるようになった理由に「企業のグローバル化」が挙げられます。世界規模のネットワークが構築されたことにより、企業のグローバルが進みました。

そうして競争の土俵は国内から世界へと広がり、激化する競争を勝ち抜くためにはあらゆる業務の効率化が求められるようになりました。そこで業務プロセスを効率化する手法として取り入れられたのが、サプライチェーン管理だったのです。

日本は少子高齢化と人口減少に伴って深刻な人手不足に陥っており、とくに製造業はその傾向が顕著であると言われています。そこでサプライチェーン管理を導入して在庫管理や人的リソースの最適化が求められるようになりました。

また、ECサイトの普及も、サプライチェーン管理が注目される要因です。ECサイトとはWeb上で商品を販売するサイトのことですが、Amazonや楽天市場のような販売と配送を一元管理するビジネスモデルが業績を伸ばしており、サプライチェーン管理の重要性が認識されるようになったのです。

エンドツーエンドのサプライチェーン可視化、予測によるリスク回避と迅速な対処
待ったなし!小売業 サプライチェーンのデジタル変革

リアルタイムの情報収集が課題

サプライチェーン管理の課題は、リアルタイムに情報収集できるシステム環境を構築しなければならないという点です。サプライチェーン管理は、情報を一元管理することによって業務プロセスの最適化を目指しています。そのためには、リアルタイムでの情報収集が必要不可欠です。リアルタイムに適切な情報を入手するからこそ、在庫管理や人的リソースの最適化が実現可能になります。サプライチェーン管理を最大限活用するためには、洗練された情報収集システムの開発・導入が必須と言えるでしょう。

サプライチェーン管理導入のメリットや効果

サプライチェーン管理の導入で業務プロセス全体が最適化され、大きく分けて「情報の一元管理」「在庫の適正化」「リードタイムの短縮」という3つのメリットが得られます。ここでは、サプライチェーンの管理システムを導入することで得られるメリットについて解説します。

情報の一元管理

サプライチェーン管理を導入すれば、調達から販売に至るまでの情報の一元管理が可能です。物流の流れがデータとして可視化されることで、業務プロセス全体を俯瞰して見渡せるようになります。その結果、達成すべき目標や取り組むべき課題が浮き彫りになり、業務プロセスの改善が見込めます。

事業活動の生産性を最大化するには部分的なプロセスだけではなく、全体の業務プロセスを改善しなくてはなりません。サプライチェーンの管理システムを導入すれば、リアルタイムでそれぞれの業務プロセスを一元管理が可能です。そして、盤石な管理体制を構築することで、迅速な経営判断を下せるでしょう。このように「調達」→「生産」→「物流」→「販売」に至るフロー全体の情報を一括管理することで、部分的な最適化ではなく全体的な最適化の実現に効果的です。

在庫の適正化

サプライチェーンの管理システム導入で、最も高い成果を期待される業務が在庫管理です。多すぎる在庫は倉庫を圧迫します。食料品であれば廃棄となり、処分にもコストがかかります。反対に、在庫が不足すると「売るべきときに商品がない」という販売機会の損失につながってしまいます。つまり、在庫は多すぎても少なすぎても企業の利益損失の原因になりうるということです。

このような事態を未然に防ぐには、仕入れから販売に至るプロセスを可視化し、得られたデータを調査・分析する必要があります。

しかし、こうした取り組みを実行するのは容易ではありません。そこで、サプライチェーン管理を導入して商品の流れをデータとして可視化することで、在庫の適正化を図れます。在庫の適正化によってもたらされるメリットはそれだけではありません。余分な在庫がなくなることで倉庫のスペースに余裕が生まれます。在庫管理に必要な人員の削減も期待できるでしょう。

リードタイムの短縮

リードタイムとは、開始から完了するまでの時間を指す言葉です。前述した通り、在庫は多すぎても少なすぎても利益の損失につながるため、適正在庫を保つ仕組みを構築する必要があります。この適正在庫を保つために重要な要素がリードタイムです。リードタイムは、広義では「製品の開発からエンドユーザーの手元に届くまでの期間」を指しますが、ここでは発注から納品されるまでの「調達リードタイム」を例に挙げます。

製品を作るためには材料の発注が不可欠であり、納品までに必ず一定の時間を必要とします。調達から生産に至るプロセスを一括管理できれば、業務プロセス改善の過程で調達リードタイムの短縮が可能です。調達後の生産・在庫・配送スケジュールにおいても最適化を図り、調達リードタイムを短縮できれば、自社製品の市場供給スピードが向上します。その結果、在庫不足による機会損失を防ぎ、企業・顧客双方にとっての利益につながるでしょう。

導入コストが課題

「リアルタイムの情報収集が課題」のページでも触れたように、サプライチェーン管理には問題点も存在します。それは、サプライチェーンの管理システム導入には高額なコストがかかるという点です。調達から販売までのプロセスを管理するためには、大規模なITインフラを構築しなければなりません。また、事業規模やビジネスモデルによって求めるシステムが異なるため、企業それぞれに専用のシステムを構築する必要があります。現在導入しているシステムとの連携や互換性を考慮する必要もあるでしょう。

導入コストがかかるのは本社だけではありません。通常製造業のサプライチェーンは関わる業者の数が極めて多く、情報の一元管理を実現するためには関連企業すべてに同様のシステム導入が求められます。そして、構築したシステムの運用・保守をするエンジニアなどの人的リソースも必要です。このように、本システムの導入には、企業にとって大きな変化を伴います。

とはいえ、ここまでの項目で説明してきた通り、将来的な投資としてサプライチェーン管理は非常に有用です。導入によって削減が見込めるコストと照らし合わせて検討してください。

まとめ

現代のビジネス環境はすさまじいスピードで変化しています。激化する競争に勝ち残るためには、企業も時代に合わせて柔軟に対応する必要があります。従来の管理体制を見直し、製造から販売までの流れを一元管理することで改善すべき点が見えてくるでしょう。今回の記事を参考にして、サプライチェーン管理システムの導入を検討してみませんか。

New call-to-action

エンドツーエンドのサプライチェーン可視化、予測によるリスク回避と迅速な対処
待ったなし!小売業 サプライチェーンのデジタル変革

RELATED POST関連記事


RECENT POST「小売業」の最新記事


小売業

店舗スタッフ・小売業の働き方改革のポイントは? 店舗での導入事例も紹介

小売業

FinTech(フィンテック)の定義とは?関連サービスやグローバル市場について解説

小売業

ESG経営とは? そのメリットや注意点なども解説

小売業

DX推進における各種調査内容や動向をまとめて紹介

サプライチェーン管理とは?導入のメリットや課題を解説
流通・小売業のデジタル化を加速させる Intelligent Retail ソリューションガイド

RANKING人気資料ランキング

RECENT POST 最新記事

ブログ無料購読
クラウド実践チャンネル
BizApp チャンネル
New call-to-action

RANKING人気記事ランキング

関連サイト

サイト掲載へのお問い合わせ