DXに活用される技術とは?AIやクラウドなど関連する技術例を紹介

 2022.01.31  デジタルトランスフォーメーションチャンネル

DXを推進するためには、AI・クラウドといった最新のデジタル技術が欠かせません。そこで本記事では、DXとは何か振り返ったうえで、DXに活用される技術の種類や概要について解説します。併せて、DX化を推進するためのポイントについてもご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

what-is-the-technology-used-for-dxDXに活用される技術とは?AIやクラウドなど関連する技術例を紹介

New call-to-action

そもそもDXとは

DXに活用される技術を見る前に、まず「DX」とは何かについて簡単に振り返っておきましょう。DXとは「Digital Transformation」を略した言葉で、文字通り「IT・デジタル技術(Digital)」によって、企業活動や社会の在り方そのものを「変革(Transformation)」することを意味します。

DXはしばしば「IT化」と混同されがちですが、両者には大きな違いがあります。IT化とは、業務効率化のためにIT技術を利用することです。たとえば、電話や手紙によるコミュニケーションから、Eメール・チャットに変わったのもIT化の例といえます。Eメールやチャットは、電話や手紙よりはるかに軽いフットワークでコミュニケーションがとれるため、業務効率化につながることは間違いありません。

しかし、これはあくまで業務効率化にとどまり、企業活動そのものを「変革」するまでには至っていません。DXでは、IT化のように一部業務を効率化するだけでなく、ビジネスモデル・組織に至るまで、企業の抜本的な変革が目的とされるのです。

昨今では世界中の市場において、先進的なDX企業によるビジネスモデルの再構築が進められています。中には、これらのDX企業が、それまで市場をリードしてきた既存企業にとって代わる例も少なくありません。

そうした中、日本企業でも市場競争力を維持・強化するために、DXの推進が求められています。DXを進めるためには、企業に取り残されたレガシーシステムの刷新が重要です。レガシーシステムは維持に多くのリソースを要するうえ、そのせいで新しいデジタル技術に対応できないケースも多いためです。

Azure IoT Central のご紹介
実際どうなの?Azure Custom VisionでAI外観検査

DXに活用される技術とは

一口にDXといっても、そこで活用されている技術は幅広く、さまざまなIT・デジタル技術が該当します。日常的な作業を支援し業務効率化を促すものから、コスト削減を実現するものまで多岐にわたるため、すべてをここで取り上げることはできません。

いずれにしろ企業に大きな変革をもたらすような、インパクトがあるIT・デジタル技術がDX実現のため活用されています。次項では、DXで注目される代表的なIT・デジタル技術の例をご紹介します。

DXに関連する技術例

上述したように、DXではさまざまな技術が活用されており、それぞれ特徴やメリット、活用シーンなどが異なります。以下では、その中でも代表的な例をピックアップして見ていきましょう。

IoT

IoT」は「Internet of Things」を略した言葉で、日本語では「モノのインターネット」と訳されます。文字通り、私たちの生活に存在するさまざまなモノをインターネットに接続して、より有益な方法で活用するための技術のことです。ビジネス領域においてIoTは、多様な情報を収集する技術としてよく利用されます。

日常生活で使われるIoTの例としては、スマート家電が挙げられます。家電をインターネットに接続することで、遠隔地からでも操作できるようになります。たとえば、IoT化されたエアコンやお風呂を外出先からコントロールし、冷暖房を点けたり湯船にお湯を張ったりするのもひとつの例です。

ビジネス領域においても、さまざまなIoT事例が挙げられます。たとえば製造業では、工場機器にセンサーやカメラを設置して、稼働状況を遠隔で監視したり情報収集したりするケースが見られます。

AI

「AI」とは「Artificial Intelligence」を略した言葉で、日本語では「人工知能」と訳されます。AIによって、これまで人間が担ってきた知的な判断が必要とされる作業を、コンピューターに代行させることが可能です。さらにAIは、自らさまざまな情報をかき集め、正確かつスピーディーなデータ分析や予測も行えます。前述のIoTで集めたビッグデータをAIに解析させるのも、DXに有効なこれら技術の模範的な活用例といえるでしょう。

クラウド

「クラウド」とは、インターネット上で構築されたシステム・サービスを利用するための技術です。企業がこれまでオンプレミスで開発・運用管理してきたシステムの多くは、クラウドで代替できます。クラウドを使うことによって、企業は自社でシステムを所有したり、保守・運用したりする必要がなくなるのです。これにより、オンプレミスにシステムを持つ場合と比べ、初期コスト・運用コストを大幅に削減できる可能性があります。

XR(VR・AR・MR)

「XR」とは、仮想的な空間と私たちが存在するフィジカル空間(現実空間)を融合し、新たな価値を創造する技術の総称です。XRの「X」は未知数を表す文字であり、この部分に具体的な技術を指すほかの文字が入ります。代表的なXRの技術として挙げられるのが、以下の3種類です。

○VR

「VR」とは「Virtual Reality」の略で、日本語では「仮想現実」と訳されます。VRによって、あたかも仮想空間にいるような体験が可能です。VRでは一般的に専用のゴーグルなどを装着し、ゴーグル内のモニタに仮想空間の映像を投影します。スピーカーやマイクがあれば、音声の入出力もできます。

近年では、国内でもVRを社員研修に導入する企業が増えています。VRで仮想空間上に用意した研修設備を利用することで、研修の効率化やコスト削減といったメリットが見込めるようです。

○AR

「AR」とは「Augmented Reality」の略で、日本語では「拡張現実」と訳されます。ARによって、フィジカル空間に仮想的なアイテムを表示させることが可能です。ARでは専用グラスやスマートフォンを使います。

あるECサイトではARを使い、自宅の部屋に仮想的な家具を表示するサービスを導入しました。これにより消費者は、わざわざ家具を購入しなくても、実際に家具が自宅へ設置されたときの状況をイメージできるようになっています。

○MR

MR」とは「Mixed Reality」の略で、日本語では「複合現実」と訳されます。MRによって、VRによる仮想現実と、ARによる拡張現実を違和感なく連続的に行き来できます。

たとえば製造現場では、MR上に用意したマニュアルを見ながら作業する、といった利用方法があります。遠隔地からも同じ映像を参照できるため、MRによって熟練者がリモートからサポートすることも可能です。

5G

「5G」とは「5th Generation」の略で、日本語では「第5世代移動通信システム」と訳されます。5Gによって、これまでとは比較にならないほど高速・大容量・低遅延で、かつ多数同時接続にも対応した通信が可能です。

5GはDXに活用される各種技術の価値をさらに押し上げ、より有効に利用できるようにします。たとえば、IoTで収集した膨大なデータを送受信して、リアルタイムでAIに分析させる際、大容量かつ高速な5Gは非常に効果を発揮します。

また5Gは、XRを実現するためにも重要な技術といえます。XRで表示される高画質な映像も、5Gを利用すれば遠隔地とリアルタイムで共有可能です。

DXにおいて技術の導入以外に重要なこと

DXはいうまでもなく、ここでご紹介した技術だけでは実現できません。これら技術を導入・活用するためにも、以下に挙げる要素も重要となります。

人材の確保

DXを実現するためには、DXの各技術を扱える専用知識をもち、DXによって会社をデザインできる人材を確保しなくてはなりません。IT人材が慢性的に不足している昨今、DXに通じる人材の育成は、企業にとって大きな課題といえるでしょう。

社内体制の整備

繰り返しになりますが、DXを取り入れることで企業のビジネスモデルが変革されます。その過程では、ある程度失敗も経験するかもしれません。DXを推進するためには、それらを許容する組織風土や経営層の戦略、体制の整備も求められます。

まとめ

DXで活用される技術は、日常業務を支援するものから、コスト削減に有効なものまでさまざまです。具体的には、IoT・AI・クラウド・XR・5Gなどが挙げられます。すでにこれら最新のデジタル技術を活用し、DXに取り組んでいる事例も少なくありません。新しい技術に関する見識を深め、自社のDX化に役立ててみてはいかがでしょうか。

Azure IoT Central のご紹介

Azure IoT Central のご紹介
実際どうなの?Azure Custom VisionでAI外観検査

RECENT POST「製造業」の最新記事


製造業

プロダクトデザインとは? プロダクトデザイナーの仕事内容と役割

製造業

DX推進における組織変革の必要性とは?組織編成の3パターンを解説

製造業

CDO(最高デジタル責任者)とは?求められる役割やスキルを解説

製造業

DXとIT化の違いとは? DXのメリットと成功させるポイント

DXに活用される技術とは?AIやクラウドなど関連する技術例を紹介
Factory of the Future製造現場が抱える課題。解決の鍵は「デジタル化」です。

RANKING人気資料ランキング

RECENT POST 最新記事

ブログ無料購読
クラウド実践チャンネル
BizApp チャンネル
New call-to-action

RANKING人気記事ランキング

関連サイト

サイト掲載へのお問い合わせ