Vuforiaとは?ARアプリが簡単に開発できる時代の到来!

 2020.12.01  デジタルトランスフォーメーションチャンネル

現在、多くのAR(拡張現実)アプリが開発されています。そんな中、注目を集めるのが「Vuforia」です。Vuforiaとはどんな特徴を持つアプリで、何ができるのか、入手方法・利用方法について解説します。また、Vuforiaシリーズの製品ごとに活用例も紹介しますので、具体的なイメージが描けるはずです。

vuforia

AR技術を支えるVuforiaとは何か?

Vuforiaとは、AR(拡張現実)アプリ開発に必要なプログラム部品を集めて収納したライブラリ(書庫)を指します。読み方は「ヴューフォリア」です。

VR(仮想現実)は完全にヴァーチャルなデジタル世界を体験させるものですが、ARは現実世界にヴァーチャル機能を重ね合わせるもので、最近では身近に目にするようになっています。数年前に流行したゲーム「ポケモンGO」や、自撮りした写真に猫耳やヒゲをつけたりするサービスも、AR技術によるものです。

Vuforiaはスマートフォンやタブレット、スマートウォッチなどのウェアラブルデバイスにも対応しています。IoTのリーディングカンパニーであるPTC社が、2015年にVuforiaを買収したことで、よりオープンに使える製品になりました。Vuforiaを利用すれば、誰でも簡単にARアプリ開発ができます。

Vuforiaの特徴について

Vuforiaにはアイデアをコンテンツとして可視化させるために、さまざまな機能があります。活用できるサンプルも豊富です。Vuforiaの主な特徴について解説します。

マーカーで正確にターゲットを認識

AR技術の代表的な機能にデジタル情報をコンテンツとして表示させるものがあります。予め登録した写真やイラストなどを出現キー(マーカー)として認識させ、デジタル情報を表示させる方式を「マーカー型」、その場にあるものの位置や形を認識し、デジタル情報を表示させる方式を「マーカーレス型」といいます。Vuforiaはどちらにも対応可能です。

Vuforiaの特徴は、マーカーやターゲットを認識するトラッキングの精度が、非常に高いということです。例えば、筒状や円錐状の表面に貼付されたラベルなどのトラッキングを正確に行えます。モノの形を正確に認識し、デジタル情報を目の前に表示可能なため、離れた場所にいる人に対して食品や家電などの製品を紹介するといった活用もできます。

また、マーカーも自由に作成可能です。画像やイラストなどを指定するだけで、開発したARアプリに最適なマーカーを作れます。

作成したコンテンツを水平に置ける

作成したヴァーチャルコンテンツを、デスクやテーブルなどの水平面に置ける「Ground Plane」という機能を利用できます。平面検知でオブジェクトを認識し、アプリ上に3Dモデルのコンテンツを立ち上げます。場所を選ばず、広いスペースがなくても、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスさえあれば使える、という便利な機能です。

展示会などで商品のデモンストレーションに利用する、通販カタログの商品を立体的に確認してもらう、という活用方法があります。また、完成前の住宅や店舗を、現場でコンテンツとして見せるという使い方も可能。

3D試作モデルのAR化

Vuforiaを使えば、設計した3Dの試作モデルを簡単にAR化できます。PTC社ではハイエンドの3DCADソフトも提供しており、それをVuforiaへ組み込むことで、簡単にAR化を済ませられます。

一般的な用途として、3Dプリンターで試作品を印刷する前に使われます。3DCADで画面上に設計し、そのデータをAR化してイメージを確認します。そして3Dプリンターで現物を試作した後、実物の試作品を作り、本格生産するという流れです。

独自にカスタマイズ可能なARコード

QRコードとARマーカーを掛け合わせた「VuMark」というビジュアルコードが作成できます。製品や機械にオリジナルのVuMarkを貼付することで、組み立てや検査、修理といった製造工程の手順や、取扱い説明などをARで視覚化可能。

VuMarkの魅力は、Adobeイラストレーターのユーザーであれば、グラフィックやブランドロゴなどの素材を使って、ビジュアルコードを自由にデザインできる点です。独自にカスタムしやすいので、製品の外観を損なわず、視覚的なアピール力を向上させてくれます。

プラットフォームごとの開発が不要

先述した通り、Vuforiaはさまざまなデバイスに対応し、開発環境を選びません。iOSやAndroid、Windowsなどデバイスの仕様に応じて自動的に切り替わります。対応デバイスの差異を気にする必要がなく、それぞれのプラットフォームごとに開発する作業も不要です。

また、Googleが提供している「ARCore」など、他社のAR開発アプリとも連携できます。広く使われているゲームエンジン「Unity」に対応し、多くのサービスでVuforiaが活用されています。

画像ターゲットをクラウド管理

ARアプリ開発者が画像ターゲットを管理するための、クラウド認識サービスもあります。大量のターゲットをクラウド上のデータベースに登録できるため、製品カタログや雑誌など、多くの画像ターゲットが必要なARアプリに最適です。

サービスプランによって月ごとの画像認識の総数を選ぶことが可能です。開発ライセンスは月に1,000画像までですが、Proライセンスなら月に100,000画像以上のターゲットを設定して管理できます。

最新アップデートと最適化

Vuforiaは、PTC社により頻繁に最新のアップデートが行われています。開発者がさまざまなデバイスに合わせて最適化する必要はなく、自動で、それぞれのデバイスに最適化されます。

例えば、Microsoft社が開発した、ワイヤレスのホログラフィックコンピューター「HoloLens」とも連携可能。HoloLensはARよりさらに仮想の空間認識を体験できる、MR(複合現実)技術のデバイスとして注目されています。

Vuforiaの入手&利用方法

VuforiaでARアプリを開発するには、まずVuforiaを入手する必要があります。Vuforiaのダウンロード方法や利用方法について解説します。

Vuforiaの入手方法

Vuforiaのデベロッパーサイトにアクセスし、右上に表示される「Register(登録)」からアカウントを取得します。その後、使用しているデバイスに合わせて、iOS、Android、UWP(ユニバーサルWindows プラットフォーム)などに適したツールをダウンロードしてください。

各種ツールを利用できるラインセンスは、デベロッパーサイトで発行します。Vuforiaのツールをインストールしたら、画面の指示に従い、ライセンス認証や必要な機能のインポートなどを行います。

Vuforiaは、ゲームエンジンのUnityと組み合わせると初心者でも簡単にARを開発できます。Vuforiaの公式サイトでアカウントを取得したら、VuforiaのUnity版をダウンロードしてください。画像マーカーをVuforiaのデベロッパーサイトで登録し、データベースをダウンロードするとUnityのプログラムに組み込めます。

Vuforiaの利用方法

Vuforiaは、お試しでARアプリの開発を始めたい場合は、無料で利用できるので便利です。ただし、ARアプリを公開する場合はライセンスの購入が必要になります。

サービスプランはプロジェクトや会社の規模に合わせて選択可能です。初心者向けは「Basic」、スモールビジネス向けには「Basic+Cloud」、すべての企業向けは「Pro」など、自身に応じたプランを選んでください。

高機能なVuforiaシリーズの紹介と活用メリット

Vuforiaを活かした高機能なARソフトシリーズは、あらゆる産業分野で利用されています。Vuforiaシリーズの代表的なソフトウェア4つの特徴と、活用するメリットをご紹介します。

Vuforia Expert Capture

熟練技能者のスキルを音声と映像で記録し、編集・保存・再生することができます。使い方は熟練技能者がARデバイスを装着し、実際に作業や内容の説明などを行いながら記録。それをVuforiaで編集し、写真や文字情報を出現させます。

AR化したコンテンツは新人作業員の研修会で再生して使えるほか、スマートフォンなどで各自再生することも可能です。さまざまな現場で熟練技能者の技術やノウハウを伝承するのに役立ちます。

Vuforia Studio

プログラミング技術がなくても、誰でも簡単にARコンテンツをスピーディに作成し、配信できます。多くのCADファイルに対応しており、データを取り込み、用意したオブジェクトをドラッグ&ドロップするだけで、ARコンテンツがすぐに作成可能。

PTCが提供するIoTプラットフォームの「ThingWorx」と連携すれば、IoTデータを視覚化することもできます。また「ThingMark」機能を利用すれば、マークをスキャンするだけでコンテンツを表示することが可能です。

Vuforia Engine

Vuforia Engineは、システム開発者向けツールで、本格的なARアプリを開発することが可能です。自社の業務に合わせてカスタマイズした、高度で精密なARアプリを開発するためのツールです。

デバイスのカメラやセンサーを使用することで、画像や目の前にある対象物、周囲の環境などを動的に認識できるので、さまざまな対象をターゲットにして柔軟に開発可能。

Vuforia Chalk

ARを利用し、リアルタイムでビデオコミュニケーションができるソフトです。遠隔にいる相手とスマートフォンやパソコンでビデオ通話をしながら、画面の物体にマークを書き込むと、リアルタイムで正確に反映されます。現場の作業員と技術者双方を結び付け、手元で状況を確認しながら、ステップ・バイ・ステップで現場作業を進めることが可能です。

現場で問題が起きたときでも迅速に対応でき、トラブルを解決するための時間とコストを削減します。また、BtoC分野では、専門家のサポートをユーザーに提供するサービスへも活かせます。

まとめ

Vuforiaとは、ARアプリ開発を支えるツールをそろえたライブラリです。iOS・Android・Windowsなど環境を選ばず、さまざまなデバイスに対応しています。開発に関心のわいた方は、無料で始められるため、お試しで利用してみてはいかがでしょうか。


RELATED POST関連記事


RECENT POST「業種共通」の最新記事


Vuforiaとは?ARアプリが簡単に開発できる時代の到来!

RANKING人気資料ランキング

RECENT POST 最新記事

Retail Tech JAPAN Online 2021

RANKING人気記事ランキング