官公庁向け:AI手書き文字認識サービス9つの特長機能 | デジタルトランスフォーメーションチャンネル

官公庁向け:AI手書き文字認識サービス9つの特長機能

京都電子計算株式会社

官公庁向け:AI手書き文字認識サービス9つの特長機能

「AI手書き文字認識サービス」は、手書き文字の読み取りを行うAI-OCRサービスです。

手書き文字を読み取るエンジンには、コージェントラボ社の「Tegaki」エンジンを採用。「Tegaki」エンジンでは、平仮名、片仮名、漢字、数字、アルファベット、記号などさまざまな手書き文字を認識することができます。また、チェックボックス、囲み文字、ボックスキャラクターなど幅広い形式に対応し、様々な帳票を柔軟に読み取ることができます。

AIによる認識結果を確認・修正するためのベリファイシステム「Seisho」を標準で提供しています。認識結果を確認・修正するだけでなく自動で書類種別を判断し一括仕分けをするので、仕分け時のミスを抑制します。

詳細は、フォームに必要情報を入力して資料をご確認ください。

資料ダウンロード