製造業

事例:害虫駆除専門会社におけるIoT活用事例

事例:害虫駆除専門会社におけるIoT活用事例

有害生物防除のグローバルカンパニーであるAnticimexのデジタル式のネズミ捕り装置にはセンサーが取り付けられており、インターネットを介し、装置の振動やネズミの捕獲およびバッテリーの残量などのデータが自動的に通知されます。

同社はMicrosoft AzureをベースとしたIFS社の「IFS IoT ビジネス・コネクター」というツールを導入しました。これにより、ネズミ捕り装置から送信されたデータは、クラウド上の分析ツールを介してIFS Applicationsに送られ、作業員を派遣するなどの業務上必要なアクションをより正確にかつタイムリーに実行することが可能になりました。

詳細は、フォームに必要情報を入力して資料をご確認ください。

資料ダウンロード