製造業

産業界でのAR(拡張現実)利用実態とその背景

PTCジャパン株式会社

産業界でのAR(拡張現実)利用実態とその背景

失われた20年から脱却すべく、日本の産業界ではイノベーションへの取り組みが進んでいる。一方、人手不足は深刻な状況まで進んでおり改善の見込みは立っていない。そこで期待されるのはITの活用である。日本企業のIT投資は金額の規模が大きい割に効果が十分でないように見える。金銭と工数を投じて作成した貴重なデータは、可能な限り利用してITの効用を最大限に引き出すべきであろう。

ARは現実の映像にデジタル情報を重ねて表示する技術である。状況に応じた情報を的確に表示することで、視覚から直感的に理解できることが特徴である。

産業界のARの利用はまだ可能性を秘めており各社が研究開発を進めている。ここではPTC社の開発中のプロジェクトを紹介する。

詳細は、フォームに必要情報を入力して資料をご確認ください。

資料ダウンロード