製造業

HACCP記録・保存業務に対する課題と解決策

株式会社シムトップス

HACCP記録・保存業務に対する課題と解決策

安全な食品の提供のための管理手法であるHACCPが、2021年6月に食品を取扱うあらゆる業種で義務化されます。規定された管理手法に基づいた衛生管理をするため計画策定、記録保存をし「最適化」と「見える化」するものです。

記録保存はこれまでも紙で実施されていた企業も多いと思いますが、紙の帳票では見える化することが困難です。

見える化するためには、DXの入口である「デジタイゼーション」と「デジタライゼーション」が必要になります。DXの入口をConMas i-Reporterが実現し、HACCP12手順に則った日常業務への適用アイディアを取りまとめました。

紙による報告業務の限界をConMas i-Reporterが解決します。ぜひ、ご参考になれば幸いです。

詳細は、フォームに必要情報を入力して資料をご確認ください。

資料ダウンロード