データドリブンなプラント操業を実現
千代田化工建設のDXを支えるデータ基盤

Cognite株式会社

データドリブンなプラント操業を実現 千代田化工建設のDXを支えるデータ基盤

千代田化工建設は、システムやデータのサイロ化に悩む顧客企業に向けた「データドリブンなプラント操業」というソリューションを実現すべく、産業向けDataOpsプラットフォームを導入。採用の決め手となったのは操業データをシームレスに扱えるオープン性で、運転データや検査履歴といった基本データに加え、3D CADなどの3Dモデルを同一プラットフォーム上で設備情報と関連付け、コンテキスト化できる点が高く評価された。

またリアルタイムなデータ反映も容易で、数週間でプラントのデジタルツインを構築できたという。この実現の背景には、プラットフォームの柔軟性とベンダーのサポート体制があった。本資料では同社の導入事例から、このデータプラットフォームについて詳しく紹介する。

フォームにご記入のうえ、資料をご確認ください。

資料ダウンロード