Ansys Webセミナー資料:
Ansysが実現するデジタルツイン

アンシス・ジャパン株式会社

Ansys Webセミナー資料:Ansysが実現するデジタルツイン

Ansysで過去に開催されたWebセミナーの講演資料です。

デジタルツインとは、物理空間にある現実の機器や設備を仮想空間上で作成した“デジタルの双子(ツイン)”です。実空間での稼働状況をリアルタイムで収集し、デジタルツインにインプットしてシミュレーションを実施することで予知保全や最適運用に活用する技術です。Ansysは従来から持つシステム解析や3次元CAEの強みを生かし、マルチドメインのシミュレーションベースデジタルツインを構築でき、IoTプラットフォームと連携して実際のサービスを実現します。ここではそのコンセプトや事例をご紹介します。

予知保全や既存の保守サービスをより高品質にしたい、設計時のデータを保守サービスでも活用、また運用データを設計にフィードバックしたい方におすすめです。

フォームにご記入のうえ、資料をご確認ください。

資料ダウンロード