製造業

ConMas i-Reporterで始めるDXの入口
『現場データ』のデジタル化

株式会社シムトップス

ConMas i-Reporterで始めるDXの入口『現場データ』のデジタル化

現場で使用している紙帳票をそのままConMas i-Reporterでペーパーレス化することで、DX推進の入口である「デジタイゼーション」と「デジタライゼーション」を実現します。

画像の撮影、音声による入力、計測器の測定値データ取り込みなどと人手による現場データ、PLCをはじめとしたIoTデバイスのデータ、他システムの業務データなどのデータソースとの連携との融合により、トレーサビリティーの高いエビデンスのデジタル化と貴重なデジタル資産となる現場データの利活用を可能にするための入力特化ソリューションです。

これまでの手入力時のデータ精度、品質の問題、入力後の後処理問題などを解決し、必ず費用対効果が出せる国内シェアNo.1のソリューションです。

手書き、印影によるサイン、承認申請、承認行為もタブレットから現場で完結できるため、テレワーク、働き方改革やwithコロナへの対応にも利用できます。

入力方法の一部をデモ動画で紹介しています。DXの入口、簡単IoT、帳票とAIなど様々なデータ活用のお役に立てればと思います。

詳細は、フォームに必要情報を入力して資料をご確認ください。

資料ダウンロード