エンドツーエンドのサプライチェーン可視化、
予測によるリスク回避と迅速な対処

~スエズ運河座礁事故やコロナ対応におけるソリューション活用事例~

エンドツーエンドのサプライチェーン可視化、予測によるリスク回避と迅速な対処

コロナ変異株の感染拡大、半導体需給のひっ迫、国内外物流のキャパシティ不足、相次ぐ災害など、サプライチェーンを取り巻く状況は引き続き厳しい状況が続いています。企業はこのような混乱や突発事象を通常の状態として受け入れ、柔軟かつ迅速に対応する必要性に迫られています。

その際に重要になるのが、自社を取り巻くサプライチェーン全体をリアルタイムで見える化し、不確実な状況の中でも今後起こり得る事象やリスクを未然に予測し、また起こってしまった事象に対しても迅速に最善の策を打っていくことができる体制を整えることです。

本動画では、その最初の打ち手となる、エンドツーエンドのサプライチェーン見える化を実現するプラットフォーム構築のヒントと、スエズ運河座礁事故において実際に活用された見える化ソリューションを事例とデモを交えてご紹介します。

  • サプライチェーンにおける新たな課題
  • サプライチェーンのエンドツーエンドの可視性を高める利点とは
  • リアルタイムの見える化による混乱の予測、対処
  • スエズ運河座礁事故によるサプライチェーンへの影響と、Luminate Control Towerによる対応事例、デモ
  • サプライチェーンのデジタル化、クラウドマイグレーション、Azureベースのセキュアなプラットフォーム構築

詳細はフォームにご記入のうえ、動画をご確認ください。

動画を視聴