ホワイトペーパー:シミュレーションベースのデジタルツインとモノのインターネットによる製品やプロセスのパフォーマンスの改善

アンシス・ジャパン株式会社

ホワイトペーパー:シミュレーションベースのデジタルツインとモノのインターネットによる製品やプロセスのパフォーマンスの改善

モノのインターネット(IoT:Internet of Things)の出現により、製品またはプロセスのシミュレーションモデルをインターネットを介してセンサーと連携してデータを取得したり、アクチュエータと連携して動作を制御したりする革新的な探求の可能性が生まれました。その成果である、物理的製品またはプロセスのいわゆるデジタルツインを使用すれば、製品やプロセスの動作を解析、診断し、パフォーマンスや保守をリアルタイムで最適化できます。シミュレーションとIoTを組み合わせて使用することにより、各企業は現実世界の運用条件における製品のパフォーマンスを解析し、将来的なパフォーマンスを確信を持って予測して製品の動作および生産性を向上し、コストを削減し、計画外のダウンタイムのリスクを低減することができます。

フォームにご記入のうえ、資料をご確認ください。

資料ダウンロード