製造業

産業用拡張現実ソリューションを導入する

AR プロジェクトを計画・実行し、成功に導くための実践ガイダンス

産業用拡張現実ソリューションを導入する

拡張現実(AR)は、従来のトレーニングおよびガイダンス資料をさらに効率的な没入型の体験に置き換えて、事業会社における作業員の能力を向上させます。世界中の組織(特に事業運営が複数地域にまたがる組織)は、AR を活用することで、これまでよりもスマート、スピーディー、そして効率的に事業を展開しています。

AR ソリューションの実装には、ニーズに最も適したテクノロジを洗い出すなど適切に計画したうえで、既存のプロセス、ワークフロー、システムに適用する方法が必要です。その他の運用技術の革新とは異なり、AR を使用すれば、ソリューションによってはプログラミングの専門知識が少なくても、価値を実現するまでの時間を短縮できます。しかし、あらゆる産業技術と同様、導入を成功させるには、AR の適切な実装が不可欠です。

このホワイトペーパーでは、概念実証(PoC)、実用的なパイロット運用から、完全導入後の拡張可能なソリューションに至るまで、AR プロジェクトの責任者が産業用 AR の使用開始から最短で高水準の ROI を実現できるように、重要なステップを詳細に説明していきます。

詳細は、フォームに必要情報を入力して資料をご確認ください。

資料ダウンロード