小売業

あるべき姿を反映したシステムの導入

~店舗来店顧客の購入前行動データの活用方法~

あるべき姿を反映したシステムの導入

DX化の前提となるオムニチャネルでは何が必要なのか。
顧客視点・小売視点の両方から全てのチャネルにおいて、個々客を知り、個々客の要件を満たすことが必要となります。

そのためには、

  • できるだけ顧客データを全チャネルにおいて、かつ横断的に取得することが必要
  • 取得した顧客データをあらゆる視点で可視化
  • 可視化された顧客データで、仮説立て、施策実施、効果検証を繰り返して顧客をより良く知る

つまり「ネットで実現していることを、リアル店舗でも実現」できることが重要となります。本資料では下記実現を可能にするための説明をおこなっております。

  • 来店客数+客層や顧客体験の把握~非購買者も含めた顧客の“イマ”を把握~
  • リアル店舗のマーケ&プロモの効果測定~経験や感覚ではなくデータで評価~
  • 顧客動線の把握とそれに紐付くオペレーションの実施~顧客の滞留・再訪に応じた接客による販売機会UP~

詳細は、フォームに必要情報を入力して資料をご確認ください。

資料ダウンロード