AIの判断を熟練作業者の“勘”に近づける、
新たな分析アプローチとは

ブレインズテクノロジー株式会社

AIの判断を熟練作業者の“勘”に近づける、新たな分析アプローチとは

あらゆる業種でAI活用が進む中、製造業においては、異常検知や不良品検出、外観検査などの工程で自動化・省力化を実現するケースが増えています。しかし、その効果は限定的であり、まだまだ視覚や聴覚などの五感をフル活用した「人の判断」を必要としているのが現状です。

そこで、AIの判断をより人に近づけ、さらなる自動化を実現しようとする“マルチモーダル”な取り組みに注目が集まっています。動画を分析して作業手順のミスを検知したり、現場の振動や音のデータも組み合わせて異常検知の精度を向上させたりするなど、これまで熟練作業者の“勘”に頼っていた部分にまで大きな効果を生み出している取り組みを詳しくご紹介します。

詳細は、フォームに必要情報を入力して資料をご確認ください。

資料ダウンロード