MDM導入事例:JR九州

2000台のiPadと現場主体の多彩なアプリでサービス高度化や業務効率化を推進

MDM導入事例:JR九州

「2030年長期ビジョン」を掲げ、新たな技術の取り込みを積極的に取り組んでいるJR九州。ここではその一環として、スマートデバイスを活用した現場主導でのデジタル化を推進している。既に2000台を越えるiPadを導入、その上で動く各種アプリを独自に開発することで、運行サービスの高度化や業務効率化が進められている。これらのデバイス管理には、マルチキャリア対応で運用管理が容易なMDM製品「CLOMO MDM」を採用。セキュリティ強化やアプリ配信効率化に大きな貢献を果たしている。

詳細は、フォームに必要情報を入力して資料をご確認ください。

資料ダウンロード