IoT デバイスのセキュリティ強化を低コストで実現
Microsoft Azure Sphere

IoT デバイスのセキュリティ強化を低コストで実現 Microsoft Azure Sphere

市場では、Windows やその他の OS を搭載したデバイスに加えて、小型センサーのような多種多様なデバイスがインターネットに接続され、それぞれがエンドポイントとしてデータを生成しています。PC やサーバーのような従来の IT システムに比べて、これらの IoTデバイスは無防備な状態でインターネットに接続されているケースが多く、サイバー攻撃者の標的になってしまう可能性があります。

実際、IoT デバイスを狙った攻撃は年々増加する傾向にあり、サイバー攻撃の半数以上を占めていると言われています。設置後の長いライフタイム、デバイス開発者が意図しない使用方法、運用を監視してないなども攻撃者に狙われやすい理由として挙げられ、クラウドとデバイスの双方による新しい脅威への対策が急務となっています。

詳細は、フォームに必要情報を入力して資料をご確認ください。

資料ダウンロード