MicrosoftがAzure Sphereで狙う世界
― IoTでどのようなメリットがあるのか

MicrosoftがAzure Sphereで狙う世界 ― IoTでどのようなメリットがあるのか

Microsoft が従来までオンプレミスと呼ばれるかたちでライセンスを販売して、企業内のデータセンターで稼働させていたソフトウェアをMicrosoft Azure上にクラウドアプリケーションとして持っていく潮流に加え、数多あるエッジデバイスをクラウドに接続し、より効果的に活用していこうという取り組みが進んでいる。

Azure Sphere は端的にいえばエッジデバイス向けの OSプラットフォームとセキュリティを一体化したソリューションで、デバイスにおけるアプリケーションの安全な実行環境を提供する。

Microsoftが狙う世界、それはIoTに関連するソリューションの開発を次々とパートナー各社へと促し、それを自社のクラウド活用へとつなげていくことで、保守や周辺の開発といったカバー領域を広げていくことにあるのかもしれない。

詳細はフォームにご記入のうえ、資料をご確認ください。

資料ダウンロード