食品検査における異物検知の自動化・効率化に!
AI画像判定サービスMMEye活用事例

株式会社YE DIGITAL

食品検査における異物検知の自動化・効率化に!AI画像判定サービスMMEye活用事例

髪の毛やビニール片、虫など、絶対にあってはならない食品への異物混入。時に致命的な信用棄損を招く異物混入は、食品製造においてますます重要な課題と言えます。

しかしwithコロナ時代を受け、検査に割ける人員やリソースも限られてくる中、残された数少ない解決の糸口が『異物検知の自動化』なのです。

本資料では、AIによる目視検査工程の自動化を実現するソリューションのご紹介を通じて、これまでは人の手に頼らざるをえなかった高度な処理を実現する未来をお伝えします。

▼みどころ

  • AIが真価を発揮するために必要な4つのポイント
  • AIや画像処理の専門知識がなくても異物検知を自動化できる仕組みとは

詳細はフォームにご記入のうえ、資料をご確認ください。

資料ダウンロード