入数検査の自動化・効率化に!AI画像判定サービスMMEye活用事例 | デジタルトランスフォーメーションチャンネル

入数検査の自動化・効率化に!
AI画像判定サービスMMEye活用事例

株式会社YE DIGITAL

入数検査の自動化・効率化に!AI画像判定サービスMMEye活用事例

現場によってはすでにカメラによる入数検査が導入されていますが、包装の反射や個体差のある食品の識別が困難でした。そこで現在話題のAI画像判定サービスを用いると、まるで人間の目視検査のように柔軟な状況に対応することが可能になります。省人化・効率化に大きな期待がかかるその実力を、本資料でぜひお確かめください。

▼みどころ

  • 表面の光沢や重なりも判定するAIの精度はついにここまで高まった
  • ディープラーニングによる学習で、位置も大きさがバラバラでも自動でカウント
  • AIの真価を発揮するために必要な4つのポイントとは?

詳細はフォームにご記入のうえ、資料をご確認ください。

資料ダウンロード