製造業

事例:ノルウェー地下鉄が車両稼働率を向上

事例:ノルウェー地下鉄が車両稼働率を向上

設備の保全においては、その作業の質と効率化が鍵となります。

ノルウェーのオスロで地下鉄を運行するSporveien社は、車両のドアに備え付けられたセンサー、IoT、業務アプリケーションの連携により、人に依存した不具合診断をなくし情報の伝達を自動化することで、車両のダウンタイムを大幅に低減しました。

詳細は、フォームに必要情報を入力して資料をご確認ください。

資料ダウンロード