Withコロナで重要性が増すオフィスのIoT化

会議室の「見える化」による価値とは

Withコロナで重要性が増すオフィスのIoT化

IoTは当初、製造現場への適用に関心が集まっていたが、現在では日常のオフィス業務の中にも取り入れられるケースが増えている。その1つが会議室の可視化ソリューションだ。

本資料では、富士ソフトが中心となり、日本マイクロソフト、パトライトの3社が、それぞれの強みを持ち寄って実用化を進めている取り組みについてご紹介します。

  • 3 社の連携でオフィスにもIoTの価値を提供
  • 会議室予約の手間を削減し業務を効率化
  • Withコロナ時代に対応した会議室を視野に

詳細はフォームにご記入のうえ、資料をご確認ください。

資料ダウンロード