製造業のAI活用はベンダー任せから、
現場の課題を自ら解決するフェーズに

ブレインズテクノロジー株式会社

製造業のAI活用はベンダー任せから、現場の課題を自ら解決するフェーズに

製造業におけるAI活用は、これまで特定の工程やラインの課題解決のため、限定的に導入することが主流でしたが、AIで解決できることが見えてきたことで、AI活用の範囲を拡張し、自社主導でAIを駆使するニーズが高まっています。

そのニーズに応えるためキーとなるのが “AI活用の共通化”です。DX部門や組織共通部門が主導して、AI分析のナレッジを組織全体で共有し、企業自身が検証から運用までの分析プロセスを行う必要があります。

そこで本資料では、製造業に特化したAI分析プラットフォーム「Impulse」をご紹介します。100社、1万2000モデル以上の運用を支援してきた実績から進化し続けているサービスで、異常検知や不良品検出、要因分析、外観検査など現場の声を反映した機能を取りそろえています。

詳細は、フォームに必要情報を入力して資料をご確認ください。

資料ダウンロード