業種共通

業務改革担当者なら押さえたい5つのポイント

働き方改革がなかなか進まない大企業の皆さまへ

業務改革担当者なら押さえたい5つのポイント

「大企業の“働き方改革”意識調査」をもとに、業務改革担当者なら押さえたい5つのポイントを紹介します。

なぜ大企業に“働き方改革”が必要なのか?
多様な働き方の実現や生産性向上など“働き方改革”を目指し、2019年4月から施行された働き方改革関連法。“働き方改革”はどの程度進んでいるのでしょうか。

ドリーム・アーツでは、大企業における“働き方改革”の意識や、IT化による業務改善の実態をリサーチしました。さらに、その結果から見えてくる「大企業の働き方改革の課題」を抽出し、働き方改革が実質的に効果を挙げ、デジタルトランスフォーメーションを成し遂げるためのポイントをまとめたレポートになります。

大企業の“働き方改革”5つのポイント

  • Point1:解決すべき課題は「大企業病」
  • Point2:現場のシステムの問題点を洗い出す
  • Point3:ベンダーポートフォリオを見直す
  • Point4:経営戦略とIT戦略のギャップを埋める
  • Point5:何よりも「スピード」を重視する

※付録「大企業の“働き方改革”意識調査結果2019」

詳細は、フォームに必要情報を入力して資料をご確認ください。

資料ダウンロード