変化に強く、回復力の高い、レジリエントなサプライチェーンの再構築 | デジタルトランスフォーメーションチャンネル

小売業

変化に強く、回復力の高い、
レジリエントなサプライチェーンの再構築

~デジタル化、可視化、自律化による不確実性、サステナビリティへの対応~

変化に強く、回復力の高い、レジリエントなサプライチェーンの再構築

コロナ禍の発生、長期化によって、需要の急激な変動、生産・供給体制のひっ迫、物流の寸断、労働力の確保など、サプライチェーンにまつわる課題が顕在化してきました。と同時に、2050年までに脱炭素化を目指すという困難な課題も突き付けられ、サステナビリティへの対応も待ったなしの状況です。

これらの課題は以前から認識されていた問題の延長線上にあるものでもあり、企業は今こそまさに、不確実性の中においても、変化に迅速に対応でき、柔軟で回復力の高い、レジリエントなサプライチェーンを再構築し、さらには環境問題にも対処していく必要性に迫られています。

この危機を変革へのチャンスとしていただくべく、サプライチェーン見直しのためのヒントや打ち手を、事例を交えてご紹介します。

(2021年1月29日開催 Webセミナー動画)

詳細は、フォームに必要情報を入力して動画をご確認ください。

動画を視聴