建設・ビル管理

MicrosoftにおけるSmart Buildings & Spacesへの
取り組み

MicrosoftにおけるSmart Buildings & Spacesへの取り組み

日本の不動産市場における「ビル空間のスマート化」というニーズを実現するためには、ビル施設内でさまざまな事業者から提供される設備・サービスを連携させる“プラットフォーム”が重要になると考えられていますが、一方で、そのプラットフォームを構築する上で共通した技術課題として、ユーザー認証/サービス連携(API 連携など)/データ管理が挙げられます。

マイクロソフトは、この技術課題をSmart Buildings & Spacesの拡大発展のために標準化すべきものと捉え、各事業者間のサービス連携推進のためのリファレンスアーキテクチャーとして構築しました。

詳細は、フォームに必要情報を入力して資料をご確認ください。

資料ダウンロード