プラント操業における課題の解決へ、
日揮の取り組みを支えるデータ基盤とは?

Cognite株式会社

プラント操業における課題の解決へ、日揮の取り組みを支えるデータ基盤とは?

日揮ではデータ基盤として、産業向けDataOpsプラットフォームを採用した。そのDataOpsプラットフォームはプラント操業に関連するデータを多様な形式でシームレスに扱える他、システム間データの関連付けを支援するコンテキスト化機能により、データ統合を大幅に効率化できるのが特長だ。

2020年8月に本格的な開発に着手し、10月にはベンダー共催のイベントでO&Mエコシステム実現への第2フェーズにあたる「デジタルマップ」をデモで披露。同社が同ベンダーをパートナーとして選んだ理由はさまざまだが、こうしたフットワークの軽さも魅力だという。本資料では同社の取り組みとともに、それを支えるプラットフォームについて詳しく紹介する。

フォームにご記入のうえ、資料をご確認ください。

資料ダウンロード