【産業・エネルギー関連インフラ業様向け】IoT連携での予防保全とサービス業務の効率化で生産性向上を目指す

 2020.10.15  デジタルトランスフォーメーションチャンネル

石油・化学や電力・ガス、通信等の産業・エネルギー関連インフラ業界では、老朽化した設備によるコスト増、熟練者・人材の減少による作業品質の低下といった課題に加え、エネルギーの安定供給や効率的な運転がより求められています。

そのような中、産業・エネルギー関連会社は総合的なデジタル施策を行い競争力を上げ、安定供給、収益の向上、生産性の向上を取り組んでいます。本セミナーでは、「IoTとの連携」、「予兆検知・予防保守」、「保守要員への指示・管理」などIFSの総合的な設備資産管理をご紹介しながら、状況に応じて必要なスキルを備えた作業員の派遣ができ、フィールドエンジニアの業務効率化を支援するフィールドサービス管理もご紹介します。

開催日時

2020年10月29日(木)15:00-15:45

会場

オンライン
主催 IFSジャパン株式会社
参加費 無料(事前登録制)
定員 100名
対象

石油・化学や電力・ガス・通信業の企業様
設備サプライヤー、設備の保守業の企業様

  • 経営企画のご責任者様
  • 情報システムのご責任者様
  • 保守保全のご責任者様
  • 設備管理のご責任者様

など

内容 IFSでは、原子電力発電所の設備保全システム開発から始まり、約20年以上産業エネルギー業界におけるノウハウを培ってきました。そのノウハウとIoT、AI、VRといった最新のテクノロジーを組み込んだIFSのEAM(設備資産管理)とFSM(フィールドサービス管理)ソリューションをご紹介します。
お申し込み/詳細

詳細はこちら