Microsoft 365 連携ワークフローで社内文書をかんたん電子化
~DX 推進は現場主導が成功のカギ~

 2022.08.03  デジタルトランスフォーメーションチャンネル

テレワークの導入が進み、次に DX 推進の一環として社内文書の電子化に取り組まれる企業が増えています。
DX 推進においては、日々刻々と変化する環境に柔軟に、迅速に対応することが求められます。そのためには、システム部門や、外部の開発会社に電子化のためのシステム開発を依頼をするのではなく、すでにある製品やサービスを上手に活用し、現場主導で作成していくことが重要です。

すでに経費精算や稟議などの申請は電子化されていても、それ以外の全社共通の業務や、現場部門内での業務で承認・決裁が必要な業務は、まだ電子化されていないという企業も多いのではないでしょうか。

そこで本ウェビナーでは、Microsoft 365 と連携する、日本の商習慣にあわせて開発された当社独自のワークフロー「Flow」の概要と、どのように「Flow」を使って承認・決裁が必要な業務をかんたんに電子化していくのかを実際のデモを交えてご紹介するとともに、電子帳簿保存法への対応についてもご紹介します。

現場でワークフローをかんたんに作成したい、Microsoft 365 をもっと活用したい、社内の情報を Microsoft 365 に集約させて業務効率化を図りたい企業様にお勧めのウェビナーです。

開催日時 2022年8月30日 (火) 14:00-14:45
主催 SBテクノロジー株式会社
対象
  • 社内文書の電子化を進めている企業様
  • Microsoft 365 に社内の情報を集約し、DX 推進・業務効率化を検討中の企業様
  • 「Power Automate」でのワークフロー作成が難しいと感じている企業様
※競合企業、同業他社、個人の方のご参加はお断りする場合がございます。予めご了承ください。
プログラム内容 ■アジェンダ
  • テレワーク時代に求められる社内文書の電子化・ペーパレスとは
  • Microsoft 365 で社内文書を電子化・ペーパレスするには
  • Microsoft 365 連携ワークフロー「Flow」で社内文書をかんたん電子化・ペーパレス!

■このセミナーで学べること!

  • 「Power Automate」 と「Flow」の違いが学べます
  • 「Flow」の操作感をご覧いただけます
  • 「Flow」で実現したワークフローの導入事例を知ることができます

■講演者
SBテクノロジー株式会社
サービス統括
セキュリティ&テクノロジー本部 DXサービス部
シニアプロダクトマネージャー
田中 敏朗

お問い合わせ 本セミナーに関するご質問は以下までお問い合わせください。
SBテクノロジー株式会社
sbt-ipsol@tech.softbank.co.jp

サイト掲載へのお問い合わせ