【航空・防衛業界向け】航空機MROプロセスを効率化するための新しいアプローチ

 2020.11.05  デジタルトランスフォーメーションチャンネル

航空機やその実装品に必要な整備・修理作業を行うMRO事業者は、競争力のあるターンアラウンド(TAT)を達成し、業界内の顧客の期待に沿って航空機、エンジンまたはその他の複合資産と構成品の可用性を実現すると同時に、高いサービス品質を提供しなければならないという課題を抱えています。

また、需要予測、整備計画、調達計画、予防保全、ロジスティックスなど俯瞰的に全体を最適化する必要性も上げられます。

この度、航空業界の全航空機の約20%で使用されているIFSでは、プロジェクト計画、設計から設備運用・予防保全、分析・傾向対策までトータル・ライフサイクル管理を支援する統合プラットフォームと、航空業界における海外の事例をご紹介いたします。

開催日時

2020年11月25日(水)15:00-15:30

会場

オンライン開催
※本ウェビナーは、GoToWebinarから配信いたします。ウェビナーにご参加いただくには、GoToWebinarのインストールが必要です。インストール方法については、お申し込み後にお送りするメール内にてご案内いたします。

参加費

無料

定員

100名
主催・お問い合わせ

IFSジャパン株式会社 セミナー係
〒107-6012 東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル12階
メール info.jp@ifs.com
Web IFS.com

アジェンダ

航空機MROプロセスを効率化するための新しいアプローチ

IFSでは航空業界の全航空機の約20%が使用されています。当日は海外の事例をご紹介するとともに、プロジェクト計画から分析・傾向対策までトータル・ライフサイクル管理支援する統合プラットフォームをご説明します。

IFSジャパン株式会社
セールスエグゼクティブ
椿 一志

詳細/お申し込み

詳細はこちら

※当日のアジェンダは変更になる可能性もございます。
※競合他社はお断りさせていただきます。
※企業様向けウェビナーのため、個人の方もお断りさせていただきます。

サイト掲載へのお問い合わせ