AI×クラウド×ソニーがもたらす
次世代映像制作ワークフロー

 2021.01.08  デジタルトランスフォーメーションチャンネル

新型コロナウイルスの影響で社会の在り方や人々の生活は一変しました。映像制作業界にも様々な影響が広がっており、リモート制作やクラウドを活用したコンテンツ管理・配信といったニーズが高まっています。また、省人力化・自動化によるワークフローの効率化も求められています。

ソニーは、自社製AIエンジンに加えMicrosoftのVideo Indexerをはじめとする各社製AIエンジンを統合管理・活用できるAIプラットフォームサービス「Media Analytic Portal」や、クラウド上で広範なワークフローを自動化できるコンテンツ管理システム「Media Backbone NavigatorX」の提供を開始しており、AIが映像制作にもたらす新たな価値に加え、AIを扱う際のAzureのメリットについてもご紹介いたします。

日時 2021年1月29日(金)14:00~15:00
対象

映像に関連する業務に従事される方

※競合企業、同業他社、個人の方のご参加はお断りする場合がございます。予めご了承ください。
※定員オーバーの場合は抽選とさせていただく場合がございます。

開催要領 Webセミナー、参加費無料(事前登録制)
講師

ソニービジネスソリューション株式会社
バリュー・クリエイリション部門 マーケティング部 MK2課
クラウドソリューションアーキテクト
今泉 彰太

日本マイクロソフト株式会社
クラウドソリューションアーキテクト
大川 高志

主催 ソニービジネスソリューション株式会社、日本マイクロソフト株式会社
お問合せ

ソニービジネスソリューション株式会社
sbsc-mk-nvx@sony.com