サステナブルなサプライチェーンの実現による
ビジネス価値・収益性の向上

 2022.08.25  デジタルトランスフォーメーションチャンネル

サステナビリティの問題は、世界中のビジネスリーダーにとって避けることのできない経営課題として、これまで以上に重要性が増すと共に、その推進について、規制当局や投資家・経営層・消費者・従業員など社内外のステークホルダーからのプレッシャーを受け、対応が急務となっています。

これに対して、 ESG (環境・社会・ガバナンス)に配慮したリスク管理を行いつつ、持続可能な企業運営を行うためには、持続可能で回復力の高いサプライチェーンの仕組みづくりが不可欠です。ここで忘れてはならないのは、サステナビリティへの対応と企業経営・事業推進は相反するものではなく、むしろ、ビジネス価値や収益性を高め、事業機会を広げるなど、企業の競争力強化にも直結するものだという視点です。

本セミナーでは、ESG経営分野の第一人者である夫馬賢治氏をお迎えし、カーボンニュートラル政策の業界別影響や、サプライチェーン領域において日本企業が取組むべき点についてお話しいただくと共に、サプライチェーンをエンドツーエンドで見える化・最適化、再構築することで、CO₂排出量や廃棄を削減しながら、同時にコスト削減や生産性・収益性の向上を可能にする施策やソリューション、それを支えるクラウドやデータ基盤についてご紹介します。

この機会にぜひご参加ください。

トピックス:

  • ESG経営、カーボンニュートラルの世界的潮流と日本の状況
  • サプライチェーンにおけるカーボンニュートラル
  • サステナブル・サプライチェーンを取り巻く状況と課題
  • CO₂ 排出量見える化で得られる効果
  • 製造業としてのマイクロソフトの取組み、実践されたソリューション
  • エンドツーエンドのサプライチェーン最適化を実現するためのプラットフォーム
日時 2022年9月29日(木)16:00~17:00
対象
  • 製造業、流通業、物流業界において、サプライチェーン関連業務に携わる上位役職者、部門責任者、ご担当者​
  • 主な対象部門:経営層、経営企画、業務改革、生産計画・管理、需給関連部門、調達・購買、物流、IT、DX部門など
※競合企業、同業他社、個人の方のご参加はお断りする場合がございます。予めご了承ください。
プログラム

「ESG経営、カーボンニュートラルの世界的潮流と、
 日本企業に求められるサプライチェーンの取り組み」

 株式会社ニューラル
 代表取締役 CEO  夫馬 賢治氏

「サステイナブル・サプライチェーン実現のための打ち手
 ~サプライチェーンにおけるCO2排出量見える化の実際 」

 Blue Yonderジャパン株式会社
 ソリューションアドバイザー  堀内 亜希子

「持続可能でレジリエントなサプライチェーンの実現に向けた、
 マイクロソフトの取組みと実践」

 マイクロソフトコーポレーション
 製造インダストリー ディレクター トニー・シュ

主催
  • パナソニック コネクト株式会社
  • Blue Yonderジャパン株式会社
  • 日本マイクロソフト株式会社
お問い合わせ

Blue Yonderジャパン株式会社
マーケティング部 
sales-japan@blueyonder.com

サイト掲載へのお問い合わせ