フードテックとは? 解決できる食の問題や期待される未来を解説

 2022.07.21  デジタルトランスフォーメーションチャンネル

「フードテック」は、食の可能性を広げる技術として近年、注目されている産業分野です。フードテックは、食品廃棄や食品不足などの問題を解決する決め手としても期待されています。今後、食品産業分野で成長していくために必要な、フードテックについてご紹介します。

フードテックとは? 解決できる食の問題や期待される未来を解説

流通・小売業のデジタル化を加速させる Intelligent Retail ソリューションガイド

フードテックとは?

フードテックとは、「フード」と「テクノロジー」から作られた言葉です。ITなどのテクノロジーを活用することで、今までにない形での食品の生産や供給を目指す「伸びる業界」として、各方面から注目を集めています。フードテックは、食料不足、農作業者や生産者の不足、菜食主義の広がりなど、さまざまな問題に対応できるでしょう。フードテックは、国連総会で決められたSDGs(持続可能な開発目標)にも含まれています。

フードテックには、このように大きな問題を解決できる可能性があります。フードテックは、私たちの身近なところでもすでに取り入れられていて、大豆肉や水槽を使った陸上養殖、農業におけるAIを使った自動管理は、その代表事例です。

多店舗企業向けMicrosoft365をうまく活用するソリューション連携
本部-店舗間コミュニケーション改革成功のポイント

フードテックで食品産業が成長産業へ

フードテックは、食料問題の解決のみならず、食品産業の発展にも寄与します。そもそも食品産業は、少子高齢化が進む日本においては市場が拡大しづらい成熟産業でした。しかし、フードテックの登場により新しい食のあり方が見出され、食品産業は今、成長産業に変わるとして、各方面から注目されています。

食品産業が成長産業に変わることは、世界情勢から見ても明らかです。例えば、現在の世界的な人口増加による食品需要の増加は、必然的に食品産業のスケールアップを促します。
人々の生活水準向上も、食品産業が成長産業に変わる理由のひとつです。先進国はもちろん、新興国の人々の生活水準も向上しており、それに伴い、人々は食事の「質」を重視するようになりました。より質が高く、付加価値のあるものにこだわり、食への出費をいとわない人も増えてきています。
機関投資家の存在も、食品産業が成長産業に変わる理由のひとつです。持続可能な食品や代替肉などに対して投資を行う機関投資家は世界中に増えています。

このように、食品産業は今後、花形産業になる可能性が極めて高い産業です。しかし変化を実現することは簡単なことではありません。フードテックという技術面のバックアップがあってこそ、この変化を実現できます。

フードテックが解決する世界的な食の問題

では、フードテックはどのような食の問題を解決できるのでしょうか。フードテックにより解決できるであろう3つの大きな問題を紹介します。

食料不足と飢餓の回避

現在、世界的に人口が増加しており、2100年には110億人を突破するといわれています。

この勢いで人口増加が続くと、食料が足りなくなるおそれがあります。気候変動や天災などが重なると、その影響により食物が育たなくなる可能性もあるため、食料不足がさらに深刻化するかもしれません。

食料不足によって引き起こされるのが飢餓です。国際連合食糧農業機関(FAO)の「2019年世界食糧・栄養白書」によると、世界人口の9人に1人が飢餓に苦しんでいることが明らかになっています。

一方で、先進国においては食品廃棄(フードロス)が問題視されており、食料が適切に消費されていないことがわかります。

こうした食料不足と飢餓の回避に、AIを利用した生産工程最適化による収穫量の増加や、新しい食材の発見・培養などを可能にするフードテックが役立ちます。また、フードテックによる食料の長期保存技術の誕生は、食料供給の地域格差を解消する食料移送実現の決め手になるかもしれません。

食の安全の確保

異物混入、食中毒、産地偽装など、食品の安全性に関する問題は現在も発生しており、対策が必要とされています。フードテックは、このような食の安全の確保にも役立ちます。

フードテックを使えば、例えば、食料そのものを傷みづらくしたり、食材の保存技術を改良したりして、安全性を高めることが可能です。傷んだ食材や異物が混入した食品を選別する機械・ツールも登場しています。近い将来、食品加工の現場ではもちろんのこと、一般家庭でもこのようなツールが使われるようになるかもしれません。

食をめぐる労働力不足の解消

現在、日本の食品産業では、食料を生産する農業の現場から、食べ物を提供する外食産業の現場まで、サプライチェーン全体で労働力不足が深刻化しています。その主な原因は少子高齢化です。

労働力不足の解消にもフードテックは役立ちます。IT活用による農薬散布や収穫の自動化、AIロボットの活用による接客や調理に関わる人材の自動化により、サプライチェーンをほぼ無人で構成することも可能です。

フードテックで期待される未来

フードテックの最先端技術により、将来的にどんなことが可能になるのでしょうか?フードテックは、これまで誰も考えつかなかったようなことさえも可能にしてくれます。ここからは、フードテックで期待される未来について考えてみましょう。

新しい食材の創出

フードテックにより、新しい食材を創出することが可能です。社会は多様化しています。信仰する宗教により特定の食べ物を食べられない人や菜食主義の人にとって、これまで食べられなかった食べ物を食べられるようになることはポジティブな変化です。

今や一般的になりつつある人工肉は、フードテックにより新しく作られた食材です。大豆などの植物由来の材料から作る人工肉は、菜食主義の人でも本物の肉に近い食感を楽しめます。今後も完全栄養食のグミやパンなど、今までには考えられなかった新しい食材が増えていくことが予想されます。

フードテックにより新たに創出される食材は人工食材だけではありません。これまでにはあまり食べられることのなかった食材を、積極的に活用する動きもあります。そのなかで、今、注目されているのが昆虫食です。昆虫は栄養価が高く、家畜と比較すると温室効果ガスを排出せず、さらに短期間で成長してくれます。昆虫食は、飢餓や地球温暖化などの人類の課題を解決する救世主になるかもしれません。その昆虫食を可能にするのもフードテックです。

最新技術による食料生産

フードテックは食料の生産方法も大きく変えます。フードテックの最新テクノロジーは、例えば、細胞を培養することで野菜や肉を生産することを可能にします。遺伝子や細胞を操作することにより、効率的な食料生産を可能にするのもフードテックです。特に細胞を培養して作る培養肉は、肉の代替品として期待されています。

農地へのITやIoTの導入も進んでいます。将来的には気温や土壌の状態、作物の生育状況などをすべて最新テクノロジーで管理する、生産の効率化が進められるでしょう。

植物工場と呼ばれるビニールハウス栽培の一歩上をいく工場での農作物生産も、食料生産の未来の姿です。植物工場では、LEDや培養土を用いて農作物を徹底管理しながら育てます。植物工場なら、本来は特定の地域でしか栽培できない農作物であっても栽培が可能ですし、工場管理に任せきりでも一定の品質の野菜が育てられます。

ただしこれらの食料生産は、企業にとってコストがかかりがちなことがデメリットとして挙げられます。いかにコストを抑えながらよいものを作れるかが課題となるでしょう。

食品産業へのDX浸透

食品業界は、DXへの取り組みが遅れている業界のひとつです。DXとは、デジタルトランスフォーメーションの略で、デジタル技術を用いて革新的なイノベーションをもたらすことです。

食品産業では、ITやロボットの導入による作業の効率化や自動化がDXの例として挙げられます。将来的に食品の加工や流通だけではなく、調理や皿洗いなどの現場にもDXが浸透していけば、現場を含めた食品産業全体の効率化が期待できます。

このようにフードテックとDXは、食品に関わるあらゆる産業を雪崩的に合理化し、成長させるきっかけになるのです。

まとめ

フードテックは食品産業を活性化する起爆剤として、今各方面から期待されています。食品関連企業をいち早く成長へと導くためには、フードテックへの対応が必要不可欠です。その準備となるのが社内DXです。フードテックへの第一歩として、DXによる業務改革を進めてみてはいかがでしょうか。

大企業の“ヤバい”DX/デジタル化の実態ーDX成功のカギは経営層のリーダーシップと現場への意識共有ー

多店舗企業向けMicrosoft365をうまく活用するソリューション連携
本部-店舗間コミュニケーション改革成功のポイント

RELATED POST関連記事


RECENT POST「小売業」の最新記事


小売業

スマホレジとは?そのメリットやデメリットを解説

小売業

ネットスーパー・ネットショッピングの市場規模と今後の展望について

小売業

越境ECとは?その実態や市場規模について解説

小売業

データサイエンティストとは? 貴重な人材を採用し経営に活用する方法

フードテックとは? 解決できる食の問題や期待される未来を解説
流通・小売業のデジタル化を加速させる Intelligent Retail ソリューションガイド

RANKING人気資料ランキング

RECENT POST 最新記事

ブログ無料購読
クラウド実践チャンネル
BizApp チャンネル
New call-to-action

RANKING人気記事ランキング

関連サイト

サイト掲載へのお問い合わせ